日本の美人ピアニスト特集

クラシックに限らず、日本のピアニストをご紹介。

Ongaku Musouでは国や性別でピアニストを検索できます。日本のピアニストはこちらで紹介した以外にもたくさんいますので、ぜひ検索してみてください。

高橋多佳子

北海道札幌市出身。1964年10月3日生まれ。神奈川県横浜市で育つ。ショパンの曲を多く弾く方で、多くのショパンの録音をリリースしています。1990年の第12回ショパン国際ピアノコンクール第5位入賞をするほどの腕前です。ピアニストの宮谷理香とのピアノデュオ「Duo Grace(デュオ・グレイス」としても演奏活動を展開。またヴァイオリニストの礒絵里子、チェリストの新倉瞳とともに椿三重奏団を結成し、メンデルスゾーンとブラームスのピアノ三重奏曲の録音をリリースしています。
さらに詳しい情報はこちら

山中千尋

群馬県桐生市出身。1974年12月26日生まれ。日本のジャズ・ピアニスト。名門デッカ・レーベル初の日本人ジャズ・アーティストとして全米デビュー。2015年9月より、バークリー音楽大学の助教授に就任、ピアノ科で指導を行っています。
さらに詳しい情報はこちら

三浦友理枝

東京都大田区出身。1981年6月20日生まれ。ショパン、ラヴェルやプロコフィエフを得意としています。2006年の第15回リーズ国際ピアノ・コンクールで特別賞を受賞しています。ヴァイオリニストのシモーネ・ラムスマ、フルート奏者の上野由恵と共演し、アルバムをリリースしています。
さらに詳しい情報はこちら

羽田裕美

兵庫県出身。1981年10月11日生まれ。ZARDの曲を多くカバーしたアルバムを多く発表しています。2012年以降はあまり活動されていないようです。
さらに詳しい情報はこちら

松田華音

香川県高松市出身。1996年生まれ。6歳からモスクワに渡り、ロシアでピアノの研鑽を積んできたピアニストです。エドヴァルド・グリーグ国際ピアノ・コンクーで優勝。2014年にドイツ・グラモフォンからCDデビューを果たしています。
さらに詳しい情報はこちら

長富彩

埼玉県さいたま市出身。1986年11月19日生まれ。YouTubeで公開されているラフマニノフ:幻想的小品集 第1曲[エレジー]はお薦めです。国内で精力的にコンサートを行っています。
さらに詳しい情報はこちら

桑原怜子

京都府出身。ハンガリー国立リスト音楽院でピアノの研鑽を積み、イタリア・ローマ国立音楽祭へ出演するなどヨーロッパでも活躍。2011年にリリースされた、フランツ・リストのピアノ独奏曲集《巡礼の年》を収録したアルバムは必聴です!
さらに詳しい情報はこちら

寺根佳那

兵庫県出身。ミス・インターナショナルファイナリスト2012に選出。YouTubeでプロコフィエフ ピアノ協奏曲第3番の演奏を見ることができます。2020年にデビューアルバム「MISSA」をリリース。
さらに詳しい情報はこちら

蔵島由貴

千葉県出身。NHK「スーパーピアノレッスン」へも出演。ショパンのエチュード全集のアルバムをリリースしています。楽器は健康寿命を延ばすという活動にも携わっており、公演活動や「生涯健康脳をつくる!ゆび1本からのピアノ」といった書籍の執筆も手掛けています。
さらに詳しい情報はこちら

矢島愛子

東京都出身。1982年生まれ。数多くのコンクールで入賞しており、2007年のエリザベート王妃国際コンクールでセミ・ファイナリストにまで進んだ実力の持ち主です。2017年にスクリャービンの24の前奏曲、プロコフィエフの「ロメオとジュリエット」の作品を収めたアルバムをリリース。
さらに詳しい情報はこちら

中村芙悠子

東京都出身。1993年生まれ。2010年の第8回東京音楽コンクールピアノ部門で第3位受賞。2016年にドビュッシー、シベリウス、ショパン、ラベル、ラフマニノフ、ベートーヴェン、シューマンの作品を収めたデビューアルバムをリリース。
さらに詳しい情報はこちら

田中菜緒子

福岡県久留米市出身。1985年生まれ。ジャズピアニストとして活躍しています。2009年にProteanを結成。2014年6月にトリオとして上海公演を成功させ、海外でも活躍しています。
さらに詳しい情報はこちら