世界の一流男性ピアニスト特集

レジェンドから現在活躍している若手まで男性ピアニストをピックアップしました。ここに紹介したのは、ピアニストのほんの一部です。また優れたピアニストの評価は様々な軸があると思います。

Ongaku Musouでは国や性別でピアニストを検索できます。ぜひ活用してください!

Alexander Romanovsky (アレクサンダー・ロマノフスキー)

ウクライナ出身。1984年8月21日生まれ。2001年のブゾーニ国際ピアノコンクールで優勝し一躍注目を集めました。2007年にDeccaと契約してロバート・シューマンとブラームスの作品を収録したアルバムをリリースしています。
さらに詳しい情報はこちら

Maurizio Pollini (マウリツィオ・ポリーニ)

1942年1月5日生まれ。イタリア出身。プロコフィエフのピアノソナタ第7番の録音は名盤として非常に名高い。
さらに詳しい情報はこちら

Cyprien Katsaris (シプリアン・カツァリス)

フランスのピアニスト。1951年5月5日生まれ。超絶技巧の難曲を弾きこなす卓越した技巧を誇るピアニストです。
さらに詳しい情報はこちら

Sviatoslav Richter (スヴャトスラフ・リヒテル)

1915年3月20日生まれ。1997年8月1日没。ロシア出身。20世紀を代表するピアニストです。
さらに詳しい情報はこちら

Daniel Barenboim (ダニエル・バレンボイム)

1942年11月15日生まれ。アルゼンチン出身。1960年代後半からは指揮者としての活躍が目立つようになります。ピアニスト、指揮者の両方で数多くのレコーディングを残しています。
さらに詳しい情報はこちら

Rafal Blechacz (ラファウ・ブレハッチ)

1985年6月30日生まれ。ポーランド出身。2005年のショパン国際ピアノコンクールで優勝。
さらに詳しい情報はこちら

Dinu Lipatti (ディヌ・リパッティ)

1917年4月1日生まれ。1950年12月2日没。20世紀前半のルーマニアを代表するピアニスト。33歳の若さで亡くなりましたが、録音からその素晴らしい演奏を聴くことができます。
さらに詳しい情報はこちら

Arthur Rubinstein (アルトゥール・ルービンシュタイン)

1887年1月28日生まれ。1982年12月20日没。ポーランドのピアニスト。ショパンの演奏では最高のピアニストとして評価されている。録音も数多く、その演奏のすばらしさを聴くことができます。
さらに詳しい情報はこちら

Evgeny Kissin (エフゲニー・キーシン)

1971年10月10日生まれ。ロシア出身。
さらに詳しい情報はこちら

Emil Gilels (エミール・ギレリス)

1916年10月19日生まれ。1985年10月14日没。ロシア出身。20世紀を代表するピアニストの1人です。
さらに詳しい情報はこちら

Alfred Brendel (アルフレッド・ブレンデル)

1931年1月5日生まれ。オーストリア出身。
さらに詳しい情報はこちら

Krystian Zimerman (クリスティアン・ツィマーマン)

1956年12月5日生まれ。ポーランドのピアニスト。
さらに詳しい情報はこちら

Vladimir Horowitz (ウラディミール・ホロヴィッツ)

1903年10月1日生まれ。1989年11月5日没。ロシア出身。1989年11月5日没。20世紀を代表するピアニスト。
さらに詳しい情報はこちら