世界の一流女性ヴァイオリニスト特集

担当の独断と偏見でわがOngaku Musouデータベースから、女性ヴァイオリニストをピックアップしました!

Ongaku Musouでは多くのヴァイオリニストを登録していますが、各アーティストの演奏が聞ける商品をAmazonからピックアップしました。

全員、才識兼備、演奏技術も最高クラスのヴァイオリニストばかりです。才能ある若手のヴァイオリニストも次々に登場しており目が離せません。

Hilary Hahn (ヒラリー・ハーン)

アメリカ出身。1979年11月27日生まれ。テクニックは最高クラス。キビキビとした理知的な演奏が多いです。どんな難曲もきれいに弾いてしまいます!2005年デビュー時のアルバム、2018年のアルバムでバッハのソナタ、パルティータの全曲録音を完成させています。
さらに詳しい情報はこちら

Julia Fischer (ユリア・フィッシャー)

ドイツ出身。1983年6月15日生まれ。テクニック、曲想ともバランスよく弾く方です。文句なしの超一流ヴァイオリニストです。ピアノの腕も非常に優れていて、グリーグのピアノ協奏曲の演奏がYoutubeなどで見ることができます。
さらに詳しい情報はこちら

Akiko Suwanai (諏訪内晶子)

日本出身。1972年2月7日生まれ。1990年の第9回チャイコフスキー国際コンクール ヴァイオリン部門第1位!現在も国際的に活躍している日本を代表する女流ヴァイオリニストです。
さらに詳しい情報はこちら

Alina Ibragimova (アリーナ・イブラギモヴァ)

ロシア出身。イギリスを拠点に活動中。1985年9月28日生まれ。バッハの無伴奏ソナタやベートーヴェンのヴァイオリンソナタのアルバムを出していますが、いずれも素晴らしいの一言です。日本にも比較的よくコンサートツアーに来るので、是非生演奏をお聴きすることをおすすめします。
さらに詳しい情報はこちら

Leila Josefowicz (リーラ・ジョセフォウィッツ)

アメリカ出身。カナダを拠点に活動中。1977年10月20日生まれ。10代のころからオーケーストラトの協演をこなし、若くから才能を注目されてきたヴァイオリニストです。1993年に書かれたジョン・アダムズ(John Adams)のヴァイリン協奏曲を2018年にリリース。
さらに詳しい情報はこちら

Alexandra Soumm (アレクサンドラ・スム)

ロシア出身。1989年5月17日生まれ。現在はパリ在住。クリストフ・エーレンフェルナーやエリック・タンギといった現代作曲家の曲に取り組み積極的に演奏しています。
さらに詳しい情報はこちら

Anne-Sophie Mutter (アンネ=ゾフィー・ムター)

ドイツ出身。1963年6月29日生まれ。若いころにカラヤンに見出された女性ヴァイオリニスト。近年は若手ヴァイオリニストとの協演も多いです。日本にも頻繁に公演に訪れています。録音も数多く、モーツァルトやベートーヴェンのヴァイオリンソナタ全曲録音も行っています。
さらに詳しい情報はこちら

Alina Pogostkina (アリーナ・ポゴストキーナ)

ロシア出身。ドイツを拠点に活動中。1983年11月18日生まれ。顔写真の入ったアルバムがないのです!残念。早く何か単独で早く録音してください!日本にも何回か来日しています。2018年の3月の来日では指揮者のサカリ・オラモ、BBC交響楽団とチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を披露しています。
さらに詳しい情報はこちら

Chloe Hanslip (クロエ・ハンスリップ)

イギリス出身。1987年9月28日生まれ。1995年にドイツでザハール・ブロン、マキシム・ヴェンゲーロフ、ヴァディム・レーピンのもとでヴァイオリンの研鑽を積む。13歳でイギリスのワーナークラッシックと契約を結んでいます。イェネー・フバイ、バンジャマン・ゴダール、アントニオ・バッジーニのヴァイオリン協奏曲の録音を行っています。
さらに詳しい情報はこちら

Jennifer Pike (ジェニファー・パイク)

イギリス出身。1989年11月9日生まれ。2002年のBBCの若手音楽家賞を最年少の12歳で受賞した逸材です。積極的に演奏活動、録音活動を行っています。ブラームス、ヤナーチェク、シューマンのヴァイオリンソナタの録音があります。是非聴いてみてください。
さらに詳しい情報はこちら

Elina Vahala (エリナ・ヴァハラ)

フィンランドのヴァイオリニスト。1975年10月15日生まれ。日本ではあまり有名ではない!?2015年に来日しており、シベリウスのヴァイオリン協奏曲を演奏したようです。
さらに詳しい情報はこちら

Francesca Dego (フランチェスカ・デゴ)

イタリアのヴァイオリニスト。1989年3月17日生まれ。近年活躍の目覚しいヴァイオリニストに1人です。日本では東京交響楽団、東京メトロポリタン交響楽団などと協演しています。
さらに詳しい情報はこちら

Isabelle van Keulen (イザベル・ファン・クーレン)

オランダのヴァイオリニスト。1966年12月16日生まれ。1990年代にはヨーロッパを代表するヴァイオリニストとして活躍。若いころから積極的に録音活動を行っており、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲、プロコフィエフのヴァイオリンとピアノのための楽曲の全曲、ベートヴェンのヴァイオリンソナタ全曲録音など幅広く録音を行っています。クラシックだけでなく、タンゴの曲の録音も発表しています。。スイスのバーゼル音楽院でも教鞭をとっています。
さらに詳しい情報はこちら

Lena Neudauer (レーナ・ノイダウアー)

ドイツのヴァイオリニスト。1984年生まれ。澄んだ音が印象的な素敵なヴァイオリニストです。特にモーツァルトのヴァイオリン協奏曲の1番から5番までを録音したアルバムは必聴です。2019年12月にはベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を収録したアルバムをリリースしています。五嶋みどりや小澤征爾、今井信子など一流の日本人アーティストとも数多く共演しています。おすすめのヴァイオリニストです。
さらに詳しい情報はこちら

Isabelle Faust (イザベル・ファウスト)

ドイツのヴァイオリニスト。1972年生まれ。ドイツを代表するヴァイオリニストです。ベートーヴェン、ドヴォルザーク、シューマン、シューベルト、ブラームスなど数多くの録音を行っています。端正で軽やかな演奏が持ち味です。
さらに詳しい情報はこちら

Janine Jansen (ジャニーヌ・ヤンセン)

オランダのヴァイオリニスト。1978年1月7日生まれ。エネルギッシュな演奏スタイルが特徴の、オランダを代表するヴァイオリニストです。録音も数多くリリースしており、チャイコフスキー、ブラームス、プロコフィエフ、メンデルスゾーン、バッハ、ベートーヴェン、ブリテン、ブルッフ、ヴィヴァルディなど夢イなクラシックの作曲家の作品をカバーしています。2020年5月にも来日予定です。
さらに詳しい情報はこちら

Kyung-Wha Chung (チョン・キョンファ)

韓国出身。1948年3月26日生まれ。近年また活動再開されましたね!チョン・キョンファはサン・サーンスのヴァイオリン協奏曲がおすすめです!
さらに詳しい情報はこちら

Lisa Batiashvili (リサ・バティアシュヴィリ)

ジョージア出身。1979年3月7日生まれ。デビュー当時は、Elizabeth Batiashvili (エリザベス・バティアシュヴィリ)で売り出していました。オーボエ奏者で夫のフランソワ・ルルーとのバッハの録音はおすすめです。世界を代表するヴァイオリニストの女流ヴァイオリニストの1人。
さらに詳しい情報はこちら

Anastasiya Petryshak (アナスタシヤ・ペトリシャク)

ウクライナのヴァイオリニスト。1994年4月12日生まれ。15歳のときイタリアでパガニーニのヴァイオリン協奏曲第1番を演奏してデビュー。2018年に自身の初めてのアルバム「ヴィヴァルディ / ヴァイオリン協奏曲集『四季』、『アマート・ベネ』」ををリリースしてレコーディングデビューも果たしています。今後のさらなる活躍が期待される気鋭のヴァイオリニストです。
さらに詳しい情報はこちら

Liza Ferschtman (リザ・フェルシュトマン)

オランダのヴァイオリニスト。1979年生まれ。ソリストとして世界各国のオーケストラと協演しています。父はチェリストのドミトリー・フェルシュトマンで、父娘で協演したアルバムもリリースしています。
さらに詳しい情報はこちら

Midori Goto (五嶋みどり)

日本出身。1971年10月25日生まれ。日本が世界に誇るヴァイオリニストです。深い洞察に基づいた演奏が特徴です。社会事業にも積極的に携わっており、1992年には教育環境が行き届かない都市部の公立校に通う生徒を対象に、音楽の楽しさを伝える非営利団体「みどり教育財団(Midori & Friends)」をアメリカで設立しています。
さらに詳しい情報はこちら

Madeleine Mitchell (マデリーン・ミッチェル)

イギリスのヴァイオリニスト。特にイギリスの現代作曲家(ジェフリー・プール、デイヴィッド・マシュー、サディ・ハリソン、マイケル・バークリー、グレース・ウィリアムズ)などの作品の演奏を積極的に行っています。イギリスを中心に音楽フェスティバルへも数多く出演しています。レコーディングも日本では知名度が高くないイギリスの現代作曲家の作品を多くカバーしているので、メジャーな作曲家に飽きた人にはお薦めです。英国王立音楽大学の教授を務めており、教育者としても非常に優れたヴァイオリニストです。2020年10月にリサイタルを開催予定。
さらに詳しい情報はこちら

Nadja Salerno-Sonnenberg (ナージャ・サレルノ-ソネンバーグ)

イタリアのローマ出身のアメリカのヴァイオリニスト。1961年1月10日生まれ。アメリカを中心に活動しています。1980年代にデビューしてから現在も第一線で活躍しています。
さらに詳しい情報はこちら

Nicola Benedetti (ニコラ・ベネデッティ)

イギリス・スコットランド出身のヴァイオリニスト。1987年7月20日生まれ。イギリスを代表するヴァイオリニスト。確かな演奏技術と豊かな曲解釈を持ち合わせています。日本には2009年に来日しています。Youtubeでも数多くの演奏動画が公開されています。
さらに詳しい情報はこちら

Leticia Moreno (レティシア・モレノ)

スペインのマドリード出身。1985年8月31日生まれ。Youtubeで公開されているシマノフスキのヴァイオリン協奏曲は一聴の価値があります。ペルーの作曲家ジミー・ロペスのヴァイオリン協奏曲を世界初演奏し高い評価を受けています。2016年、2018年、2020年に来日しており、特に2020年にパーヴォ・ヤルヴィ指揮のNHK交響楽団と共演したプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第1番の演奏は圧巻です。
さらに詳しい情報はこちら

Patricia Kopatchinskaja (パトリシア・コパチンスカヤ)

モルドバ出身のフランスのヴァイオリニスト。1977年生まれ。独特の曲解釈が特徴の個性派ヴァイオリニストです。好き嫌いは分かれるかもしれませんが、技術はトップクラスですのでぜひ聴いてみてください。
さらに詳しい情報はこちら

Rachel Barton Pine (レイチェル・バートン・パイン)

アメリカを代表するヴァイオリニスト。1974年10月11日生まれ。10歳でシカゴ交響楽団とともにデビュー。アメリカ人で初、最年少でヨハン・セバスティアン・バッハコンクール優勝。
さらに詳しい情報はこちら

Tasmin Little (タスミン・リトル)

イギリスを代表する女流ヴァイオリニスト。大英帝国勲章を受賞しています。BBCプロムスへも若い時から出演しています。2010年にリリースされたエルガーのヴァイオリン協奏曲は高く評価されています。YouTubeの演奏からは安定した弓使いとその美音を聴くことができます。
さらに詳しい情報はこちら

Simone Lamsma (シモーネ・ラムスマ)

オランダ出身。1985年生まれ。澄んだ音色と、正統的な演奏スタイルでおすすめのヴァイオリニストです。Youtubeで公開されているイザイのヴァイオリンソナタは圧巻です!
さらに詳しい情報はこちら

Kinga Augustyn (キンガ・オーギュスティン)

ポーランド出身。ニューヨークを拠点に活動中。テクニックも安定しており、音色も繊細で素敵なヴァイオリニストです。メジャーな作曲家の作品はもちろんのこと、出身地のポーランドゆかりの作曲家の作品の録音を数多くリリースしています。2018年には、リトアニアの作曲家のロムアルト・トヴァルドフスキのヴァイオリン協奏曲の録音をリリースしています。YouTube上の自身のチャンネルで積極的演奏動画を公開しています。特にパガニーニのカプリースの演奏は必聴です。
さらに詳しい情報はこちら

Sarah Chang (サラ・チャン)

アメリカのヴァイオリニスト。1980年12月10日生まれ。5歳の時にジュリアード音楽院にオーディションで入学を認められたほどの逸材。アイザック・スターンからも指導を受けています。世界の著名なオーケストラと協演しています。比較的明るく明快な曲想が特徴です。
さらに詳しい情報はこちら

Vilde Frang (ヴィルデ・フラング)

ノルウェーのヴァイオリニスト。1986年8月19日生まれ。1998年にアンネ=ゾフィー・ムターに見いだされてヴァイオリンを師事。ベルナード・ハイティンクやサイモン・ラトルといった著名な指揮者と協演も多く、世界的に活躍しているヴァイオリニストです。深く研ぎ澄まされた感覚から演奏される演奏は素晴らしいものがあります。
さらに詳しい情報はこちら

Viktoria Mullova (ヴィクトリア・ムローヴァ)

ロシア(旧ソビエト出身)のヴァイオリニスト。 世界を代表する女流ヴァイオリニストです。1959年11月27日生まれ。1982年のチャイコフスキー国際コンクールのヴァイオリン部門で優勝。バッハはバロックヴァイオリンで再度録音していますが、ここでは若いころの演奏の方をピックアップしました。
さらに詳しい情報はこちら

Arabella Steinbacher (アラベラ・美歩・シュタインバッハー)

ドイツのヴァイオリニスト。1981年11月14日生まれ。父親がドイツ人、母親が日本人。演奏技術、曲解釈とも非常に優れています。ブラームス、ショスタコーヴィッチ、モーツァルト、ベルグ、ベートーヴェン、ブリトン、ヒンデミット、バルトーク、プロコフィエフなどのヴァイオリン協奏曲やヴァイオリンソナタの録音を数多くリリースしています。
さらに詳しい情報はこちら

Baiba Skride (バイバ・スクリデ)

ラトビアのヴァイオリニスト。1981年2月19日生まれ。2001年のエリザベス王妃ヴァイオリンコンクール第1位を受賞した実力者。2004年にモーツァルトとハイドンのヴァイオリン協奏曲の録音をリリースしてアルバムデビューしました。妹でピアニストのラウマ・スクリデとも頻繁に協演しています。
さらに詳しい情報はこちら

Anne Akiko Meyers (アン・アキコ・マイヤース)

アメリカのヴァイオリニスト。1970年5月15日生まれ。2014年のアメリカのビルボードチャートのクラシック音楽部門で1位の売り上げを記録したこともあるほど人気のあるヴァイオリニスト。1988年の初アルバムのリリース依頼、現在に至るまでコンスタントにアルバムをリリースし続けています。
さらに詳しい情報はこちら

Lana Trotovsek (ラナ・トロトヴシェク

リトアニアのヴァイオリニスト。1983年生まれ。2CELLOSのチェロ奏者ステファン・ハウザーとも共演しており、YouTubeで演奏が視聴できます。滑らかな演奏が印象的なヴァイオリニストです。バッハ、ベートーヴェンなどスタンダードなクラシックの曲を綺麗に弾きこなしています。特にバッハのパルティータの演奏は秀逸です。
さらに詳しい情報はこちら

Rusanda Panfili (ルザンダ・パンフィリ

モルドヴァのヴァイオリニスト。1988年11月1日生まれ。情熱的な演奏が持ち味の美人ヴァイオリニスト。自身のYouTubeチャンネルで数多くの素晴らしい演奏動画を公開しています。特におすすめはこちらも美人ピアニストのドンカ・アンガチェヴァとともに演奏しているアストル・ピアソラの「Vuelvo Al Sur」の演奏動画です。スタンダードなクラシックから、タンゴ、ゲーム音楽まで幅広いジャンルをカバーしています。ヴァイオリニストのアレクセイ・イグデスマンとは共演も多く、イグデスマンが作曲した作品の演奏も行っています。
さらに詳しい情報はこちら

Rachel Podger (レイチェル・ポッジャー)

イギリスのヴァイオリニスト。1968年生まれ。バロックヴァイオリニストの代表格です。バッハのチェロ作品をヴァイオリンに置き換えて演奏したアルバムをリリースしています。癖がなく非常に丁寧な演奏が持ち味です。
さらに詳しい情報はこちら

Irina Muresanu (イリーナ・ムレサヌ)

アメリカのヴァイオリニスト。1971年5月26日生まれ。Four Strings Around the Worldが本格的なソロアルバムになります。日本での知名度は低いですがおすすめのヴァイオリニストです。Youtubeでは多くの演奏動画がアップされています。
さらに詳しい情報はこちら