世界の一流男性ヴァイオリニスト特集

世界のトップレベルのヴァイオリニストを集めました。

Ongaku Musouでは国や性別でヴァイオリニストを検索できます。

Nathan Milstein (ナタン・ミルシテイン)

1904年1月13日生まれ。1992年12月21日没。20世紀を代表するロシアのヴァイオリニスト。1929年にアメリカ・デビュー。ピアニストのホロヴィッツとは友人で、揃って公演も行っています。特にバッハの無伴奏ヴァイオリン作品が秀逸です。技巧力もありながら、音色の綺麗さを重視した演奏で多くの人の心をつかんでいます。
さらに詳しい情報はこちら

David Oistrakh (ダヴィッド・オイストラフ)

1908年9月30日生まれ。1974年10月24日没。ショスタコーヴィッチ、ハチャトゥリアンからヴァイオリン協奏曲を献呈され、20世紀のヴァイオリン界に大きな影響を与えた巨匠の1人です。
さらに詳しい情報はこちら

Nikita Boriso-Glebsky (ニキータ・ボリソグレブスキー)

1985年8月30日生まれ。ロシア出身。2010年のシベリウス国際ヴァイオリンコンクールで優勝しています。2011年のアンリ・ビュータンのヴァイオリン協奏曲の全曲録音がおすすめです。
さらに詳しい情報はこちら

Stephen Waarts (ステファン・ワーツ)

1996年7月15日生まれ。オランダのヴァイオリニスト。近年、たびたび来日しており、2018年にシューマンとバルトークの作品のアルバムをリリースしています。2019年の4月には東京文化会館でリサイタルを行っています。
さらに詳しい情報はこちら

Julian Rachlin (ジュリアン・ラクリン)

1974年12月8日生まれ。リトアニア出身のヴァイオリニスト。服部譲二と共演して演奏したショスタコーヴィチのワルツの動画は必見です。
さらに詳しい情報はこちら

Yehudi Menuhin (ユーディ・メニューイン)

1916年4月22日生まれ。1999年3月12日没。アメリカ合衆国出身のユダヤ系ヴァイオリニスト。幼少のころからその才能は高く評価されていた。
さらに詳しい情報はこちら

Itzhak Perlman (イツァーク・パールマン)

1945年8月31日生まれ。イスラエルのヴァイオリニスト。20世紀~21世紀を代表するヴァイオリニスト。演奏テクニックと豊かな表現力の両方を持ち合わせた世界最高クラスのヴァイオリニストです。録音も数多く、お手本になる演奏も非常に多いです。
さらに詳しい情報はこちら

Henryk Szeryng (ヘンリク・シェリング)

1918年9月22日生まれ。1988年3月3日没。ポーランド系メキシコ人のヴァイオリニスト。20世紀を代表するヴァイオリン界の巨匠の一人です。バッハのヴァイオリンソナタとパルティータの全曲録音が非常に有名です。当時活躍していたアルトゥール・ルービンシュタインをピアニストに迎えてベートーヴェンやブラームスのヴァイオリンソナタの録音も行っています。パガニーニのヴァイオリン協奏曲第3番を世界で初めて録音したことでも知られています。
さらに詳しい情報はこちら

Philippe Quint (フィリップ・クイント)

1974年生まれ。ロシア出身。1998年にアメリカのジュリアード音楽院を卒業。2001年にウィリアム・シューマンのヴァイオリン協奏曲の録音でデビュー。
さらに詳しい情報はこちら

Michael Rabin (マイケル・レビン)

1936年5月2日生まれ。1972年1月19日没。35歳で夭逝したアメリカを代表するヴァイオリニスト。メンデルスゾーン、パガニーニ、グラズノフ、ヴィエニャフスキ、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲の録音がリリースされています。
さらに詳しい情報はこちら

Joshua Bell (ジョシュア・ベル)

1967年12月9日生まれ。アメリカのヴァイオリニスト。ベルのために作曲されたニコラス・モー作曲のヴァイオリン協奏曲の録音で、1993年のグラミー賞を受賞しています。映画「The Red Violin」のサウンドトラックでソロヴァイオリンを担当しています。2007年にワシントンの地下鉄駅構内で、世界的なヴァイオリニストのジョシュア・ベルと知らせずにヴァイオリン演奏を行っていくら稼げるか、というワシントンポストの実験に協力したことでも知られています。
さらに詳しい情報はこちら

Christian Ferras (クリスチャン・フェラス))

1933年6月17日生まれ。1982年9月14日没。フランスのヴァイオリニスト。ユーディ・メニューインと録音したバッハの2台のヴァイオリンのための協奏曲は秀逸です。シャルル・ミュンシュ、パブロ・カザルスなど当時の一流のアーティストと数多く共演しています。
さらに詳しい情報はこちら

Jascha Heifetz (ヤッシャ・ハイフェッツ)

1901年2月2日生まれ。1987年12月10日没。20世紀を代表するヴァイオリン界の巨匠の1人。姪ヴァイオリニストのフリッツ・クライスラーからもその演奏技術を絶賛されていました。どんな難曲も軽やかに演奏していてその演奏技術の高さは際立っています。録音も非常に数多くリリースされています。
さらに詳しい情報はこちら

Leonidas Kavakos (レオニダス・カヴァコス)

1967年10月30日生まれ。ギリシアのヴァイオリニスト。キャリアの長さに比べてリリースされた録音は少な目なのが残念ですが、YouTubeでは素晴らしい演奏が数多く公開されています。
さらに詳しい情報はこちら

Wolfgang Schneiderhan (ヴォルフガング・シュナイダーハン)

1915年5月28日生まれ。2002年5月18日没。オーストリア出身。録音も数多く残しており、1952年にドイツグラモフォンからリリースされた、ウィルヘルム・ケンプフとともに録音したベートーヴェンのヴァイオリンソナタ全曲集は非常に高く評価されています。
さらに詳しい情報はこちら

James Ehnes (ジェイムズ・エーネス)

1976年1月27日生まれ。カナダのヴァイオリニスト。バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、メンデルスゾーン、パガニーニ、フランク、シュトラウス、ドビュッシー、エルガー、バルトーク、ハチャトゥリアンまで幅広い時代のクラシック曲の録音を数多くリリースしています。演奏技術も安定していて非常にお薦めのヴァイオリニストです。
さらに詳しい情報はこちら

Isaac Stern (アイザック・スターン)

1920年7月21日生まれ。2001年9月22日没。20世紀を代表するアメリカのヴァイオリニスト。グラミー賞も何度も受賞しています。1944年から2000年まで数多くの録音を残しており、主要なヴァイオリン協奏曲はほぼ録音されていますので、是非聴いてみてください。
さらに詳しい情報はこちら

David Garrett (デイヴィッド・ギャレット)

1980年9月4日生まれ。ドイツ出身。いわずと知れた売れっ子のイケメンヴァイオリニスト。2014年には映画『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』でパガニーニ役を演じた。マイケルジャクソンのSmooth Criminalや映画パイレーツ・オブ・カリビアンのテーマなどクラシックを超えたジャンルで演奏活を行っています。
さらに詳しい情報はこちら

Nikolaj Znaider (ニコライ・ズナイダー)

1975年7月5日生まれ。デンマークのヴァイオリニスト。1995年のシベリウス国際ヴァイオリンコンクールで第3位、1997年のエリザベート王妃国際コンクールで優勝するなど輝かしい成績を誇っています。録音も数多く安定した演奏で、お奨めできるヴァイオリニストです。
さらに詳しい情報はこちら