Yehudi Menuhin (ユーディ・メニューイン)

ヴァイオリニスト アメリカ (United States) イギリス (United Kingdom)

Yehudi Menuhin (ユーディ・メニューイン)。アメリカの男性ヴァイオリニスト。1916年4月22日生まれ。1999年3月12日没。

20世紀を代表するヴァイオリニスト。ニューヨークのリトアニア系ユダヤ人の家に生まれた。メニューインの姉妹には、コンサート・ピアニストで人権活動家のヘプジーバと、ピアニストで画家・詩人のヤルタがいた。4歳からシグムンド・アンカー(1891-1958)にヴァイオリンを習い始めた。両親はルイ・ペルシンガーに教わることを望んでいたが、ペルシンガーはそれを拒否した。幼い頃から優れた音楽的才能を発揮し、1923年、7歳のときにサンフランシスコ交響楽団のソロ・ヴァイオリニストとして初めて公の場に登場した。その後、ペルシンガーは彼を教えることに同意し、1928年から29年にかけての最初の数回のソロ録音では、ピアノで伴奏している。1929年、ベルリンでブルーノ・ワルター指揮のフィルハーモニックと演奏。同年4月12日、ドイツ・ザクセン州の州都ドレスデンにある州立歌劇場のゼンパーオーパーは、12歳のユーディ・メニューインの演奏のために、宣伝されていたプログラムをキャンセルし、メニューインは、バッハ、ベートーヴェン、ブラームスのヴァイオリン協奏曲を演奏した。パリに移ったとき、ペルシンガーはメニューインに、ペルシンガーの昔の師であるウジェーヌ・イザイのところに行くように勧めた。メニューインはイザイのレッスンを1回受けたが、イザイの指導法とイザイの高齢を嫌った。代わりにルーマニアの作曲家・ヴァイオリニストのジョルジェ・エネスクに師事し、姉のヘプツィーバをはじめとする複数のピアノ伴奏者と録音を行った。また、バーゼルでは、アドルフ・ブッシュに師事した。1931年にロンドンでサー・ランドン・ロナルドのもとでブルッフの協奏曲で、最初の協奏曲の録音を行った。1932年にはロンドンのHMVでエドワード・エルガーのヴァイオリン協奏曲ロ短調を作曲者本人の指揮で録音し、1934年にはパリのピエール・モントー指揮でパガニーニの協奏曲ニ長調をエミール・ソーレのカデンツァ付きでノーカットで録音した。1934年から1936年にかけて、ヨハン・セバスティアン・バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータの最初のインテグラル録音を行ったが、ソナタ第2番イ短調は6曲すべてがCD化されるまで発売されなかった。1943年に完成したバルトークの「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ」は、1944年にニューヨークでメニューインによって初演された。第二次世界大戦中は連合軍兵士のために演奏し、1945年4月に解放された後の6月から7月にかけては、イギリスの作曲家ベンジャミン・ブリテンのピアノ伴奏で、ベルゲン・ベルゼンをはじめとする多くの強制収容所の生き残りの収容者たちのために演奏した。1947年にドイツに戻り、ホロコースト後にユダヤ人音楽家としては初めての和解として、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と協奏曲コンサートを行った。1949年9月30日、チューリッヒでルイ・ケントナー(妻ダイアナの義兄)とともに、ウィリアム・ウォルトンのヴァイオリン・ソナタを初演した。その後、高齢になっても演奏活動や指揮活動(バース室内管弦楽団とのバッハの管弦楽曲など)を続け、クラシック以外の音楽もレパートリーに加えていた。1955年のエリザベート王妃音楽コンクールで審査員を務め、同コンクールのグランプリ受賞者であるアルゼンチンのヴァイオリニスト、アルベルト・ライシーのためにロックフェラー財団の助成金を獲得した。メニューインはライシーを唯一の教え子とし、2人はヨーロッパのコンサートホールを中心に演奏旅行を行った。メニューインは、ナチス時代にドイツで指揮をしていたことで批判されていたドイツ人指揮者のウィルヘルム・フルトヴェングラーと何度かレコーディングを行っている。フルトヴェングラーは、ナチスのドイツで指揮をしていたことを批判されていたが、メニューインはフルトヴェングラーを擁護した。1957年、スイスのグスタードに「メニューイン・フェスティバル・グスタード」を設立。1962年には、サリー州ストーク・ダバノンにユーディ・メニューイン・スクールを設立。1962年にはサリー州ストーク・ダバノンに「ユーディ・メニューイン・スクール」を設立し、カリフォルニア州ヒルズボロの「ヌエバ・スクール」にもその頃に音楽プログラムを開設した。1965年には英国王室から名誉爵位を授与された。同年、オーストラリアの作曲家マルコム・ウィリアムソンがメニューインのためにヴァイオリン協奏曲を作曲した。メニューインはこの協奏曲を何度も演奏し、1965年のバース・フェスティバルでの初演時には録音もしている。ニューインは1952年からラヴィ・シャンカールと長く付き合い、1966年にはバース・フェスティバルで共演し、グラミー賞を受賞したアルバム『West Meets East』(1967年)を録音した。1970年代に有名なジャズヴァイオリニストのステファン・グラッペリと組んで、アラン・クレール・トリオをバックにヴァイオリンのデュエットによる1930年代の名曲を集めたアルバム『Jalousie』を制作している。1975年には、国際音楽評議会の会長として、10月1日を「国際音楽デー」と宣言した。1973年にローザンヌで開催された第15回IMC総会での決議に基づき、同年、国際音楽協議会が主催する第1回国際音楽デーが開催された。1977年、メニューインとイアン・スタッツカーは、英国最大のアウトリーチ音楽プロジェクトである慈善団体「ライブ・ミュージック・ナウ」を設立した。ライブ・ミュージック・ナウは、プロの音楽家に報酬を支払い、トレーニングを受けてコミュニティで活動し、生の音楽演奏を聴いたり見たりする機会がほとんどない人々に体験を提供している。エディンバラ・フェスティバルでメニューインは、レーニエに作曲を依頼したプリオール・レーニエのバイオリン協奏曲「Due Canti e Finale」を初演した。1983年、メニューインは「若いヴァイオリニストのためのユーディ・メニューイン国際コンクール」を創設した。このコンクールは現在、若い才能を発掘する世界的なフォーラムのひとつとなっている。受賞者の中には、タスミン・リトル、ニコライ・ズナイダー、イリヤ・グリンゴルツ、ユリア・フィッシャー、樫本大進、レイ・チェンなど、著名なヴァイオリニストが多く含まれている。メニューインは定期的にサンフランシスコのベイエリアに戻り、時にはサンフランシスコ交響楽団と共演することもあった。1932年にメニューインが作曲家と録音したエドワード・エルガーのヴァイオリン協奏曲は高く評価されている。1980年9月にPBSが放映したサンフランシスコ交響楽団のガラ・オープニング・コンサートの司会を務めた。1990年、メニューインはアジア・ユース・オーケストラの初代指揮者に就任し、ジュリアン・ロイド・ウェバーをはじめとするアジアの才能ある若手音楽家たちと、日本、台湾、シンガポール、香港などのアジア各地をツアーした。EMIとの録音契約は、1929年11月に13歳で最初のレコーディングを行い、最後のレコーディングは1999年、83歳近くになる約70年に及び、音楽業界の歴史の中で最も長い録音契約として知られる。ヴァイオリニストとしても指揮者としても、EMIには300以上の作品を録音している。2009年、EMIはメニューインのレコーディング・キャリアを51枚のCDで振り返った『Yehudi Menuhin: The Great EMI Recordings』を発売した。メニューイン生誕100周年を迎えた2016年には、ワーナー・クラシックス(旧EMIクラシックス)から、80枚のCDからなる記念すべきコレクション「The Menuhin Century」が発売された。メニューインの長年の友人であり、弟子でもあるブルーノ・モンサンジョンがキュレーションを担当し、録音の選択や貴重なアーカイブ資料の調達を行い、メニューインの物語を語っている。

"ユーディ・メニューイン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ユーディ・メニューイン"のおすすめYoutubeビデオ

Stephane Grappelli & Yehudi Menuhin BBC Live "Jealousy"

Stephane Grappelli & Yehudi Menuhin BBC Live "Jealousy"

Yehudi Menuhin Violin Tutorial - 1. The Preparation

Yehudi Menuhin Violin Tutorial - 1. The Preparation

Yehudi Menuhin - Adolph Baller - Gipsy Airs  Zigeunerweisen (Pablo de Sarasate)

Yehudi Menuhin - Adolph Baller - Gipsy Airs Zigeunerweisen (Pablo de Sarasate)

Yehudi Menuhin plays Mendelssohn violin concerto

Yehudi Menuhin plays Mendelssohn violin concerto

Master Class with Yehudi Menuhin!! Part 1/3  VTS_09_1.VOB

Master Class with Yehudi Menuhin!! Part 1/3 VTS_09_1.VOB

Yehudi Menuhin Violin Tutorial - 5. Left Hand Playing

Yehudi Menuhin Violin Tutorial - 5. Left Hand Playing

"Art of Violin": Yehudi Menuhin in Moscow, Russia, November 16,1945. Live. wmv

"Art of Violin": Yehudi Menuhin in Moscow, Russia, November 16,1945. Live. wmv

Yehudi Menuhin plays Paganini

Yehudi Menuhin plays Paganini

コメント

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z