Michael Rabin (マイケル・レビン)

ヴァイオリニスト アメリカ (United States)

Michael Rabin (マイケル・レビン)。アメリカの男性ヴァイオリニスト。1936年5月2日生まれ。1972年1月19日没。

1950年代を代表するアメリカを代表するヴァイオリニスト。精神疾患を患い35歳で夭逝した。ジュリアード音楽院で学んだピアニストの母と、ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団のヴァイオリニストの父のもとに生まれる。7歳からヴァイオリンを始め、ヤッシャ・ハイフェッツの勧めで、ニューヨーク州郊外にある音楽学校Meadowmount School of Musicとジュリアード音楽院でイヴァン・ガラミアンの下でヴァイオリンの研鑽を積んだ。イヴァン・ガラミアンに完全無欠と言わしめたほどのヴァイオリンの名手であった。1950年13歳の時カーネギーホールでビュータンのヴァイオリン協奏曲第5番を演奏してデビュー。ディミトリス・ミトロプーロス指揮のニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団とパガニーニのヴァイオリン協奏曲を演奏。これまでにメンデルスゾーン、パガニーニ、グラズノフ、ヴィエニャフスキ、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲の録音がリリースされている。特に1958年のパガニーニのヴァイオリン協奏曲の録音、パガニーニの24のカプリースの演奏は現在でも非常に高い評価を受けてる。

"マイケル・レビン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"マイケル・レビン"のおすすめYoutubeビデオ

Michael Rabin Radio Broadcast 1951Tchaikovsky Concerto 1/3

Michael Rabin Radio Broadcast 1951Tchaikovsky Concerto 1/3

Michael Rabin

Michael Rabin

Michael Rabin  1936   1972  Violin concerti

Michael Rabin 1936 1972 Violin concerti

Michael Rabin - Mendelsshon Concerto -Allegro Part1

Michael Rabin - Mendelsshon Concerto -Allegro Part1

Michael Rabin plays Tzigane by Ravel

Michael Rabin plays Tzigane by Ravel

Saint-Saens / Michael Rabin, 1958: Introduction and Rondo Capriccioso - Felix Slatkin

Saint-Saens / Michael Rabin, 1958: Introduction and Rondo Capriccioso - Felix Slatkin

Michael Rabin - Chopin Nocturne No.8

Michael Rabin - Chopin Nocturne No.8

Sarasate - Introduction et Tarantelle

Sarasate - Introduction et Tarantelle

Michael Rabin: Tchaikovsky Violin Concerto 3rd mvt.

Michael Rabin: Tchaikovsky Violin Concerto 3rd mvt.

Michael Rabin - Méditation by Massenet

Michael Rabin - Méditation by Massenet

Michael Rabin plays Zigeunerweisen op. 20

Michael Rabin plays Zigeunerweisen op. 20

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z