Keisuke Wakao (若尾圭介)

オーボエ奏者 日本 (Japan)

Keisuke Wakao (若尾圭介)。日本の男性オーボエ奏者。1962年生まれ。

東京生まれ。中学1年よりオーボエを始め、新松敬久、小島葉子、佐藤順子にオーボエを師事。1979年のタングルウッド・ヤングアーティスト・オーケストラのオーディションに合格。1981年にマンハッタン音楽院に入学後、ジョセフ・ロビンソンに師事。マイケル・ティルソン・トーマス率いるニューワールド交響楽団に1988年の設立時より参加。1985年に小沢征爾率いる新日本フィルハーモニー交響楽団で演奏し、1989年には秋山和慶の指揮のもと東京交響楽団と共演。1988年、河口湖に若尾圭介オーボエ・キャンプを開設、後進の指導にも精力的に携わっている。ニューイングランド音楽院およびロンジー音楽院でオーボエを教えている。1990年よりボストン交響楽団オーボエ奏者を務めている。アメリカ、日本を中心に演奏活動を行っている。ジョン・ウィリアムズの映画音楽を取り上げた『若尾圭介playsジョン・ウィリアムズ』をリリースしている。

"若尾圭介"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"若尾圭介"のおすすめYoutubeビデオ

ボストン交響楽団オーボエ奏者・若尾圭介氏:2017年BSO来日ツアーに寄せて

ボストン交響楽団オーボエ奏者・若尾圭介氏:2017年BSO来日ツアーに寄せて

Kommt, eilet und laufet, BWV 249, "Easter Oratorio": I. Sinfonia, ''Adagio''

Kommt, eilet und laufet, BWV 249, "Easter Oratorio": I. Sinfonia, ''Adagio''

Playing for Life | Keisuke Wakao | TEDxBeaconStreet

Playing for Life | Keisuke Wakao | TEDxBeaconStreet

若尾圭介 深夜の音楽会 オーボエ協奏曲

若尾圭介 深夜の音楽会 オーボエ協奏曲

若尾圭介 深夜の音楽会 ETのテーマ

若尾圭介 深夜の音楽会 ETのテーマ

ボストン交響楽団 若尾圭介(準首席オーボエ)からメッセージ

ボストン交響楽団 若尾圭介(準首席オーボエ)からメッセージ

Francis Jean Marcel Poulenc: Trio for Oboe, Bassoon and Piano I. Presto

Francis Jean Marcel Poulenc: Trio for Oboe, Bassoon and Piano I. Presto

Oboe Quartet in F Major, K. 370: II. Adagio

Oboe Quartet in F Major, K. 370: II. Adagio

Sonata in B-Flat Major, Kv454: I - Largo - Allegro

Sonata in B-Flat Major, Kv454: I - Largo - Allegro

おすすめアーティスト