Patricia de No (パトリシア・デ・ノー)

フルート奏者 スペイン (Spain)

Patricia de No (パトリシア・デ・ノー)。スペインの女性フルート奏者。

スペイン、バルセロナ生まれ。フランスのフルート学校で学び、バルセロナ、ジュネーブ、パリで、クラウディ・アリマニー、マクサンス・ラリュー、アラン・マリオン、レイモン・ギオ、工藤重典に師事。1992年、バルセロナ高等音楽院をプロフェッショナル部門で最優秀賞、1994年には審査員全員一致で芸術ディプロマ「優秀賞」を受賞し、同音楽院から奨学金を得て海外留学を続けた。スイスのジュネーブ音楽院でマクサンス・ラリューのクラスに入り、2年後にDiplome de Perfectionament et Virtuositeを修了し、Premier Prixを獲得した。スペイン、デンマーク、ドイツの国内外コンクールで入賞。スペイン、フランス、ドイツ、イタリア、アメリカなど世界各地のアーティストと共演し、スペインの多くの音楽祭に招待されている。また、多くのスペイン人作曲家から献呈を受けた室内楽曲を初演している。オーケストラでは、リセウ大劇場管弦楽団、シンフォニカ・デル・バジェス管弦楽団、バルセロナ216、カンブラ・デ・アンドラ国立管弦楽団、カマラ・デ・エスパーニャ管弦楽団、ヴェローナ劇場管弦楽団(イタリア)、グラン・カナリアフィルムオーケストラ、テネリフェ交響楽団、ビルバオ交響楽団、ブダペスト「Hungarian Virtuosi」などと共演。また、ジャン=ピエール・ランパルシルヴァン・カンバーリング、ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス、ベルトラン・ド・ビリー、セバスチャン・ヴァイグル、ミシェル・プラッソン、ジェームズ・ジャッド、クリストファー・ホグウッド、ヘスス・ロペス・コボス、アントニ・ロス・マルバ、ペーター・シュナイダー、シェレンベルガー、リュー・ジャ、ロレンス・フォスター、カルロス・プリエトらと共演している。プラハ室内管弦楽団(プラハ)、シレジアン・ヴィルトゥオージ(ポーランド)、サンクガット交響楽団(スペイン)、バジェス交響楽団(スペイン)、リセウ大劇場管弦楽団(スペイン)などとソリストとして共演している。フルート四重奏のための作品(1999年Global、スペイン)、フルートとピアノのための作品「La flauta Romantica」(2010年Solfa Recordings、スペイン)などを録音している。 また、「バルセロナ国際コンクール」の審査員を務める。JIC」(バルセロナ)審査員、2011年、ベルリン・フィル、ミュンヘン放送交響楽団、ミュンヘン・シュターツ・オーパー、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス、ワイマール・シュターツカペレのオーディションに招聘される。 2012年には、リュー・ジア指揮マカオ管弦楽団と中国ツアーに参加した。2012-13年シーズンには、スペインのBOS(ビルバオ交響楽団)の首席フルート奏者として活躍している。

"パトリシア・デ・ノー"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"パトリシア・デ・ノー"のおすすめYoutubeビデオ

REPORT PATRICIA DE NO, flautist

REPORT PATRICIA DE NO, flautist

INTIMATE CD. 01 Poulenc Sonata for flute & piano  I Allegro malinconico

INTIMATE CD. 01 Poulenc Sonata for flute & piano I Allegro malinconico

Claude Debussy (1862-1918) "Syrinx" for flute

Claude Debussy (1862-1918) "Syrinx" for flute

コメント

おすすめアーティスト

フルート奏者