Adriana Ferreira (アドリアナ・フェレイラ)

フルート奏者 ポーランド (Poland)

Adriana Ferreira (アドリアナ・フェレイラ)。ポーランドの女性フルート奏者。1990年生まれ。

2002年から2008年までアルタベ音楽学校でジョアキーナ・モタに師事。パリ国立高等音楽院でソフィー・シェリエ、ヴァンサン・ルーカス、ピエール・デュメイユのクラスに参加し(2008年~2015年)、ディプロマを取得。また、ベルリンのハンス・アイスラー大学でブノワ・フロマンジェに師事し、Weggisでジェームズ・ゴールウェイのフルートクラスに通い、パリ・ソルボンヌ大学で音楽学の学位を取得した。2010年、19歳の若さでデンマークのカール・ニールセン国際フルートコンクールで第1位、オーケストラ賞、ヤング審査員賞を受賞。2013年には神戸国際コンクールで第3位に入賞し、2014年にはイタリアのセヴェリーノ・ガッツェローニコンクールで第1位、2014年にはイタリアのセヴェリーノ・ガッツェローニ国際コンクールで第1位を獲得し、ジュネーブ国際コンクールでは共同優勝を果たし、「クーデター・ブレゲ」特別賞を受賞。フランス国立管弦楽団の副首席フルート(2012年~2018年)、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団の首席フルート(2016年)を務めた。2018年からは、ローマのサンタ・チェチーリア・アカデミー管弦楽団の首席フルート奏者を務めている。海外在住のポルトガル人音楽家を集めたオーケストラ「Orquestra XXI」とコラボレーションを行っている。バルセロナ、ジヴェルニー、カラヴァン・ミュジカル・デ・モンテカルロ、コペンハーゲン、クフモ、NFAなどの数多くのフェスティバルに出演し、ソリストとしてグルベンキアン管弦楽団、オーデンセ交響楽団、ハノイ太陽交響楽団、ジュネーヴ、ケルン、クレムリン(モスクワ)の各室内管弦楽団と共演している。複数の作曲家と共演しており、中でもジョアキム・サントスのフルート協奏曲を初演している。ピアニストのイゾルダ・クレスピとのデュエットでは、2011年にポルトガルのヌメリカからCD「Dans des Sylphes」を、2015年にはイタリアのファロー・コレクションからCDをリリースしている他、ジュネーヴ室内管弦楽団のソリストとして、La Dolce VoltaからもCDをリリースしている。

"アドリアナ・フェレイラ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"アドリアナ・フェレイラ"のおすすめYoutubeビデオ

Adriana Ferreira - Fantasie-Sonate op. 17 (2. mov)

Adriana Ferreira - Fantasie-Sonate op. 17 (2. mov)

Adriana Ferreira -  Porto.Flute Festival

Adriana Ferreira - Porto.Flute Festival

Adriana Ferreira - Pensando Bem

Adriana Ferreira - Pensando Bem

J. Ibert - Flute Concerto, Adriana Ferreira (flute)

J. Ibert - Flute Concerto, Adriana Ferreira (flute)

2014 Flute final - ADRIANA FERREIRA

2014 Flute final - ADRIANA FERREIRA

C. Debussy - Syrinx, Adriana Ferreira (flute)

C. Debussy - Syrinx, Adriana Ferreira (flute)

Adriana Ferreira

Adriana Ferreira

コメント

おすすめアーティスト