Emmanuel Pahud (エマニュエル・パユ)

フルート奏者 スイス (Switzerland)

Emmanuel Pahud (エマニュエル・パユ)。スイスの男性フルート奏者。1970年1月27日生まれ。

スイスのジュネーブ出身。父親はフランス人とスイス人の血を引き、母親はフランス人である。ベルリンを拠点として活動し、バロックと古典派のフルートのレパートリーでよく知られている。音楽家ではない家庭に生まれたパユは、イタリアに住む少年時代にフルートの音色に魅了された。パリ国立高等音楽院でミシェル・ドゥボスト、アラン・マリオン、ピエール・アルトー、クリスチャン・ラルドに師事する。在学中、1988年ドゥイノ国際コンクール、1989年第2回神戸国際フルートコンクールの2大コンクールで第1位を受賞。1988年にはオランダのシェベニンゲン国際音楽コンクールで第2位、1992年のジュネーヴ国際音楽コンクール第1位を獲得した。これらのコンクールでの優勝をきっかけに、1989年からネロ・サンティ指揮バーゼル放送交響楽団の首席フルート奏者を務め、1992年に同楽団を退団した。1990年、20歳でコンセルヴァトワールを卒業、1等賞(プルミエ・プリ)を受賞。その後2年間、フランスで最も偉大なフルート奏者の一人であるスイス生まれのオーレル・ニコレのもとで、スタイルと解釈の面で研鑽を積んだ。1991年10月にミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の入団試験を受けて合格し、1992年12月から首席奏者として演奏する予定であったが、1992年10月にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の入団試験を受けて合格したため、ミュンヘン・フィルでは一度も演奏していない。バロック、ジャズ、現代音楽、クラシック、オーケストラ、室内楽など、多様なジャンルの音楽を演奏している。

"エマニュエル・パユ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"エマニュエル・パユ"のおすすめYoutubeビデオ

Schubert - Introduction et Varation. Pahud, Flute - Lesage, Piano

Schubert - Introduction et Varation. Pahud, Flute - Lesage, Piano

Emmanuel Pahud - Entr'acte from Bizet's Carmen - Berliner Phil.

Emmanuel Pahud - Entr'acte from Bizet's Carmen - Berliner Phil.

EMMANUEL PAHUD | TCHAIKOVSKY · Lenski's Aria from Eugene Onegin

EMMANUEL PAHUD | TCHAIKOVSKY · Lenski's Aria from Eugene Onegin

Emmanuel Pahud & Elena Bashkirova play Schubert Arpeggione Sonata - LIVE | Excerpt

Emmanuel Pahud & Elena Bashkirova play Schubert Arpeggione Sonata - LIVE | Excerpt

EMMANUEL PAHUD | DEBUSSY · Syrinx

EMMANUEL PAHUD | DEBUSSY · Syrinx

EMMANUEL PAHUD Mozart Flute Concerto in G - 1 mov.

EMMANUEL PAHUD Mozart Flute Concerto in G - 1 mov.

Andreas Ottensamer, Emmanuel Pahud - "Se viver non degg'io" from Mitridate (Mozart)

Andreas Ottensamer, Emmanuel Pahud - "Se viver non degg'io" from Mitridate (Mozart)

コメント

おすすめアーティスト