Jean-Pierre Rampal (ジャン=ピエール・ランパル)

フルート奏者 フランス (France)

Jean-Pierre Rampal (ジャン=ピエール・ランパル)。フランスの男性フルート奏者。1922年1月7日生まれ。2000年5月20日没。

現代のソロフルートを国際コンサートで歌手、ピアニスト、ヴァイオリニストが楽しんだものに匹敵する地位まで向上させた。マルセイユ生まれ。父親はフルート奏者のヨーゼフ・ランパル。マルセイユ音楽院のフルートの教授、マルセイユ交響楽団の首席フルート奏者でもあった父から、12歳のときよりフルートを学んだ。16歳の時、初めて公開演奏を行った。1943年にフランスがナチスに占領されてからは、ドイツでの強制労働から逃れるため、パリへ移った。1944年にパリ音楽院でガストン・クリューネルに師事。1945年、パリの解放後、ランパルは作曲家のアンリ・トマジ(当時はフランス国立管弦楽団の指揮者)から招待され、1934年にマルセル・モイーズのために作曲されたジャック・イベールのフルート協奏曲を演奏した。1947年以降、フランス、スイス、オーストリア、イタリア、スペイン、オランダ各地で演奏を行った。1958年に、ワシントンD.C.の米国議会図書館でプーランク、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、プロコフィエフの作品を演奏して、アメリカデビュー。1946年にモーツァルトのフルート四重奏曲に自身初の商業録音を行った。とりわけ忘れ去られていたバロック時代の作品を発掘し、編曲、演奏に取り組んだことで国際的な知名度が高まった。ランパルに献呈された最後の重要な作品として、1992年にスイスで初演されたクシシュトフ・ペンデレッキのフルート協奏曲がある。1999年12月にパリで、パスキエ三重奏団とフルート奏者クラウディア・リマニーと最後の録音を行った。彼の業績を称え、ジャン=ピエール・ランパル国際フルートコンクールが隔年で開催されている。

"ジャン=ピエール・ランパル"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ジャン=ピエール・ランパル"のおすすめYoutubeビデオ

Jean-Pierre Rampal, Handel Flute sonatas 1

Jean-Pierre Rampal, Handel Flute sonatas 1

Jean Pierre RAMPAL plays "Cantabile et Presto" by Enescu | 1995

Jean Pierre RAMPAL plays "Cantabile et Presto" by Enescu | 1995

Jean Pierre RAMPAL plays ''Ave Maria'' by Bach-Gounod | 1995

Jean Pierre RAMPAL plays ''Ave Maria'' by Bach-Gounod | 1995

Claude Debussy - Syrinx - Jean-Pierre Rampal

Claude Debussy - Syrinx - Jean-Pierre Rampal

Prokofiev op.94  Jean-Pierre Rampal

Prokofiev op.94 Jean-Pierre Rampal

Mozart Flute Concerto No 1 in G - Jean-Pierre Rampal, Sydney Symphony Orchestra

Mozart Flute Concerto No 1 in G - Jean-Pierre Rampal, Sydney Symphony Orchestra

Jean-Pierre Rampal, Telemann 12 Fantasies for Flute Solo

Jean-Pierre Rampal, Telemann 12 Fantasies for Flute Solo

Bach Brandeburg Concerto No.4 BWV 1049 (Jean Pierre Rampal / Karl Münchinger)

Bach Brandeburg Concerto No.4 BWV 1049 (Jean Pierre Rampal / Karl Münchinger)

Jean-Pierre Rampal interview

Jean-Pierre Rampal interview

おすすめアーティスト