Madeline Adkins (マデライン・アドキンス)

ヴァイオリニスト アメリカ (United States)

Madeline Adkins (マデライン・アドキンス)。アメリカの女性ヴァイオリニスト。

ノーステキサス大学で優秀な成績で学士号を取得し、ニューイングランド音楽院でジェームス・バスウェルに師事して修士号を取得。ボルチモア交響楽団(BSO)のメンバーとして、2005年から2016年までアソシエイト・コンサートマスターとして演奏活動を行っていた。また、2008年から2016年までボルチモア室内管弦楽団のコンサートマスターを務めた。2016年9月にユタ交響楽団にコンサートマスターに就任。ピッツバーグ交響楽団、シンシナティ交響楽団、ヒューストン交響楽団、香港フィルハーモニー管弦楽団、インディアナポリス交響楽団、グランド・ティトン音楽祭管弦楽団、シカゴのグラント・パーク交響楽団のゲスト・コンサートマスターを務めている。また、南アフリカのステレンボッシュ国際室内楽フェスティバル、サラソタ音楽祭、ジャクソンホール室内楽、ミュージック・イン・ザ・マウンテン、セワニー夏季音楽祭など、数多くの音楽祭にゲスト・アーティストとして参加しているほか、ナショナル・オーケストラ・インスティテュート、カーネギーホール・ナショナル・ユース・オーケストラ、ハイチ・オーケストラ・インスティテュートの講師も務めている。さらに、2018-2019年には、ソルトレイクシティのNOVA室内楽シリーズの音楽監督およびゲストキュレーターを務めた。BSOのソリストとして25以上の作品、ユタ交響楽団のソリストとして7つの協奏曲など、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、米国24州のオーケストラと共演。2016年末に、ピアニストのルイス・マガルハイスと共演したフェリックス・メンデルスゾーンのヴァイオリンとピアノのための作品全曲の録音は、TwoPianistsレーベルからリリースされ、高い評価を得た。その他、ボルチモア交響楽団との13枚のアルバムがあり、ブランデンブルク協奏曲第2番+第4番ではソリストとして共演。また、ユタ交響楽団とはこれまでに「Dans Macabre」を含む6枚のアルバムをリリースしています。11歳の頃から古楽器によるバロック音楽の演奏を始め、ヘンデル・ハイドン協会、ボストン・バロック、ボルチモアのプロ・ムジカ・ラーラなどのメンバーとして活躍している。 ボルチモア交響楽団では、指揮者やソリストとして、彼女自身が考案したバロック・プログラムに出演し、カジュアル・シリーズのコンサートを主催した。ユタ州に来てからは、ユタ交響楽団で指揮者なしのコンサートを続けている。楽器は、亡き夫である元トロント交響楽団のコンサートマスター、ジャック・イスラエヴィッチ(1948年~2015年)の遺志を継ぐために、ガブリエル・イスラエヴィッチ氏が貸与したものを使用している。

"マデライン・アドキンス"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"マデライン・アドキンス"のおすすめYoutubeビデオ

The Violin in the Orchestra

The Violin in the Orchestra

Mendelssohn - Violin Sonata IN F Major, MWV Q26  - (2. Adagio) - Madeline Adkins & Luís Magalhães

Mendelssohn - Violin Sonata IN F Major, MWV Q26 - (2. Adagio) - Madeline Adkins & Luís Magalhães

What does a violin sound like? (Scale)

What does a violin sound like? (Scale)

What does a violin sound like? (Ode to Joy)

What does a violin sound like? (Ode to Joy)

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z