Douglas Boyd (ダグラス・ボイド)

指揮者 イギリス (United Kingdom)

Douglas Boyd (ダグラス・ボイド)。イギリスの男性指揮者。1959年生まれ。

ロンドンの王立音楽アカデミーでジャネット・クラックストンの下でオーボエを学ぶ。パリでモーリス・ブルグに師事。1984年にアメリカのニューヨークで開催された国際若手演奏家オーディションで入賞し、カーネギーホールでリサイタルを開いた。ヴィンタートゥール音楽院管弦楽団の首席指揮者。ヨーロッパ室内管弦楽団の創設メンバーの1人で1981年から2002年まで首席オーボエ奏者を務めた。マンチェスター・・カメラータを指揮して、モーツァルト、ベートーヴェン、マーラーの作品の録音を行った。2011年までマンチェスター・カメラータ芸術監督を務めた。シティ・オブ・ロンドン・シンフォニアの首席客員指揮者を務めた。2000年にアメリカのガートナー室内管弦楽団の指揮を行い、2002年には、フルート奏者のポーラ・ロビソンとともにガートナー室内管弦楽団の共同芸術監督に就任した。2006にはコロラド交響楽団を指揮し、2008年1月より首席客員指揮者に就任し3年間指揮を担当した。妻はチェリストのサリー・ペンドレバリー(Sally Pendlebury)。

"ダグラス・ボイド"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ダグラス・ボイド"のおすすめYoutubeビデオ

"Deh vieni" [Mozart] - Soraya Mafi, Douglas Boyd & @Philharmonia Orchestra (London, UK)

"Deh vieni" [Mozart] - Soraya Mafi, Douglas Boyd & @Philharmonia Orchestra (London, UK)

Douglas Boyd, Directeur musical de l'Orchestre de chambre de Paris à partir de la saison 15/16

Douglas Boyd, Directeur musical de l'Orchestre de chambre de Paris à partir de la saison 15/16

Beyond the Bow: Guest Conductor Douglas Boyd

Beyond the Bow: Guest Conductor Douglas Boyd

Musikkollegium Winterthur & Douglas Boyd Portrait

Musikkollegium Winterthur & Douglas Boyd Portrait

Beethoven -  Symphony No 6 ‘Pastoral’ - Auckland Philharmonia Orchestra

Beethoven - Symphony No 6 ‘Pastoral’ - Auckland Philharmonia Orchestra

J.S. Bach: Concerto for Harpsichord, Oboe, Strings, and Continuo in D minor, BWV 1059 - 1. Allegro

J.S. Bach: Concerto for Harpsichord, Oboe, Strings, and Continuo in D minor, BWV 1059 - 1. Allegro

Musikkollegium Winterthur & Douglas Boyd

Musikkollegium Winterthur & Douglas Boyd

Beethoven Symphony no 9

Beethoven Symphony no 9

Douglas Boyd: 2017 Season

Douglas Boyd: 2017 Season

Douglas Boyd présente l'album des "Paris Symphonies" 82-87 de Haydn

Douglas Boyd présente l'album des "Paris Symphonies" 82-87 de Haydn

おすすめアーティスト

指揮者

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
Y
Z