Klaus Tennstedt (クラウス・テンシュテット)

指揮者 ドイツ (Germany)

Klaus Tennstedt (クラウス・テンシュテット)。ドイツの男性指揮者。1926年6月6日生まれ。1998年1月11日没。

メルゼブルク出身。スウェーデン放送交響楽団、NDR交響楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団などの世界トップレベルのオーケストラと共演し、とりわけロンドン・フィルハーモニー管弦楽団とは、EMIレーベルでマーラーの交響曲10曲のサイクルを含む多くの名盤を録音している。オーストリア・ドイツのレパートリーの解釈、特にグスタフ・マーラーでの解釈で高い評価を受けており、20世紀後半の偉大で影響力のある指揮者の一人として広く知られている。ライプツィヒ音楽院でヴァイオリンとピアノを学んだ後、1948年にハレ市立劇場のオーケストラのコンサートマスターとなるが、指の怪我でヴァイオリニストとしてのキャリアを終え、同劇場でボイス・コーチを続けた。その後、指揮を中心に活動を始め、1958年にドレスデン歌劇場の音楽監督、1962年にはシュヴェリン国立管弦楽団・劇場の音楽監督に就任。1971年に東ドイツから移住し、スウェーデンに亡命し、ストックホルムでスウェーデン放送交響楽団で指揮した。1972年には、北ドイツのキール歌劇場の音楽総監督に就任。1979年から1981年までは、ハンブルクの北ドイツ放送交響楽団の首席指揮者を務め、同時期(1979-82年)にはミネアポリスのミネソタ管弦楽団の首席客員指揮者を務めた。1974年トロント交響楽団と共演して北米デビューし、さらに同年12月にボストン交響楽団との共演で全曲ブラームスのプログラム、ボストン交響楽団と共演でブルックナー交響曲第8番を指揮した。1975年にタングルウッド音楽祭とブロッサム音楽祭に客員指揮者として招かれた。アメリカでの唯一のオペラ出演は、メトロポリタン・オペラでのベートーヴェン「フィデリオ」の7回連続公演であり、その最後の公演(1984年1月7日)はTV放送された。その後、フィラデルフィア管弦楽団、シカゴ交響楽団、シンシナティ交響楽団、クリーヴランド管弦楽団、デトロイト交響楽団、ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団、ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団と共演した。ヨーロッパでは、バイエルン放送交響楽団(ミュンヘン)、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、SDR交響楽団(現シュトゥットガルト放送交響楽団)と共演した。 1976年にロンドン交響楽団でロンドンデビューを果たした。1977年にはロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(LPO)と初めて共演し1980年には同楽団の首席客演指揮者に、1983年には首席指揮者に就任した。1986年、マーラーの交響曲第8番を録音するためにLPOに戻り、1991年、1993年のマーラー・コンサートにも参加。1992年にニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団を指揮したのを最後に、1994年10月には医師の勧めもあって指揮活動を完全に引退した。最後に指揮をしたのは1994年6月、オックスフォード大学の学生オーケストラのリハーサルで、その数日後に名誉博士号を授与された。1978年、同世代のドイツ人指揮者として初めてイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団を指揮した。録音には、マーラーの交響曲全集などがあり、コンサートでの演奏もいくつかCDで復刻されている。

"クラウス・テンシュテット"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"クラウス・テンシュテット"のおすすめYoutubeビデオ

Klaus Tennstedt & Chicago Symphony Orchestra: Mahler Symphony No.1 - 4th Movement - Live 1990

Klaus Tennstedt & Chicago Symphony Orchestra: Mahler Symphony No.1 - 4th Movement - Live 1990

Klaus Tennstedt Beethoven - Symphony No.9 (1991) London PO

Klaus Tennstedt Beethoven - Symphony No.9 (1991) London PO

Wagner Tannhäuser Overture Klaus Tennstedt London Philharmonic

Wagner Tannhäuser Overture Klaus Tennstedt London Philharmonic

Mahler Symphony No 2 - Klaus Tennstedt 1989 (Live Recording)

Mahler Symphony No 2 - Klaus Tennstedt 1989 (Live Recording)

Klaus Tennstedt & Berlin Philharmonic Orchestra: Dvorak Symphony no. 9

Klaus Tennstedt & Berlin Philharmonic Orchestra: Dvorak Symphony no. 9

Klaus Tennstedt interview, Berlin, December 1981 (with English transcript).

Klaus Tennstedt interview, Berlin, December 1981 (with English transcript).

Klaus Tennstedt: Mozart Symphony #35 in D major/Boston Symphony Orchestra, 1977

Klaus Tennstedt: Mozart Symphony #35 in D major/Boston Symphony Orchestra, 1977

Klaus Tennstedt & London Philharmonic Orchestra: Mahler's Symphony no.8 Part II 1991 (live)

Klaus Tennstedt & London Philharmonic Orchestra: Mahler's Symphony no.8 Part II 1991 (live)

Klaus Tennstedt talks about Gustav Mahler (1987)

Klaus Tennstedt talks about Gustav Mahler (1987)

Wagner Die Walküre Klaus Tennstedt London Philharmonic

Wagner Die Walküre Klaus Tennstedt London Philharmonic

Klaus Tennstedt Beethoven - Symphony No.3 (1982) VPO

Klaus Tennstedt Beethoven - Symphony No.3 (1982) VPO

Klaus Tennstedt conducts Richard Strauss

Klaus Tennstedt conducts Richard Strauss

Mahler Symphonie Nr 7 Klaus Tennstedt (1993) Last Recording

Mahler Symphonie Nr 7 Klaus Tennstedt (1993) Last Recording

Mahler - Symphony n°3 - Klaus Tennstedt (live recording 1981)

Mahler - Symphony n°3 - Klaus Tennstedt (live recording 1981)

Wagner Götterdämmerung - Siegfried's death and Funeral march Klaus Tennstedt London Philharmonic

Wagner Götterdämmerung - Siegfried's death and Funeral march Klaus Tennstedt London Philharmonic

Wagner Die Meistersinger von Nürnberg Klaus Tennstedt London Philharmonic

Wagner Die Meistersinger von Nürnberg Klaus Tennstedt London Philharmonic

おすすめアーティスト

指揮者

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
Y
Z