Raphaela Gromes (ラファエラ・グロメス)

チェリスト ドイツ (Germany)

Raphaela Gromes (ラファエラ・グロメス)。ドイツの女性チェリスト。1991年生まれ。

ミュンヘン出身。4歳より母からチェロを習い始める。2005年にフリードリヒ・グルダ作曲のチェロ協奏曲を演奏してソロデビュー。以降、ハイドン、ドヴォルザーク、エルガー、サン・サーンスといった主要なチェロ協奏曲を演奏している。2016年にFaro Classicsから初レコーディングを行った後、2017年秋にSONY Classical専属アーティストとして初のアルバムをリリースし、高い評価を得ている。ジュリアン・リームのピアノ伴奏で、後期ロマン派の作曲家ジュゼッペ・マルトゥッチ、レオーネ・シニガーリア、フェルーチョ・B・ブゾーニ、マリオ・カステルヌオーヴォの作品を解釈した「セレナータ・イタリアーナ」をリリース。2018年11月に発売されたSONYのセカンド・アルバム『オマージュ・ア・ロッシーニ』、2019年5月に作曲家200周年記念としてサード・アルバム『オッフェンバック』をリリース。2020年2月には『リヒャルト・シュトラウス~チェロ・ソナタ』をリリース。

"ラファエラ・グロメス"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ラファエラ・グロメス"のおすすめYoutubeビデオ

Raphaela Gromes - Morgen! (Richard Strauss)

Raphaela Gromes - Morgen! (Richard Strauss)

Rimski - Korsakoff: Flight of the bumble bee (Raphaela Gromes, cello & Anaïs Gaudemard, harp)

Rimski - Korsakoff: Flight of the bumble bee (Raphaela Gromes, cello & Anaïs Gaudemard, harp)

Raphaela Gromes & Julian Riem - Once Upon a Time in the West (Ennio Morricone)

Raphaela Gromes & Julian Riem - Once Upon a Time in the West (Ennio Morricone)

Raphaela Gromes - Hungarian Dance / Ungarischer Tanz (Brahms)

Raphaela Gromes - Hungarian Dance / Ungarischer Tanz (Brahms)

Cello nightmare

Cello nightmare

Klassikfestival AMMERSEErenade | St. Ottilien | Raphaela Gromes

Klassikfestival AMMERSEErenade | St. Ottilien | Raphaela Gromes

ASQ Spezial: Monsters, Inc. / Arcis Saxophon Quartett, Benedikt Kurz, Raphaela Gromes, Julian Riem

ASQ Spezial: Monsters, Inc. / Arcis Saxophon Quartett, Benedikt Kurz, Raphaela Gromes, Julian Riem

Richard Strauss

Richard Strauss

Max Reger: 2. Sonate für Violoncello und Pianoforte in g-Moll Op. 28

Max Reger: 2. Sonate für Violoncello und Pianoforte in g-Moll Op. 28

ASQ meets Duo Gromes - Riem: Monsters Inc.

ASQ meets Duo Gromes - Riem: Monsters Inc.

コメント

おすすめアーティスト

チェリスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
V
W
X
Y
Z