Gustavo Tavares (グスタヴォ・タバレス)

チェリスト ブラジル (Brazil)

Gustavo Tavares (グスタヴォ・タバレス)。ブラジルの男性チェリスト。

ドイツのシュトゥットガルト音楽学校でアントニオ・ヤニグロに師事し、1986年に卒業。音楽芸術の博士号を取得し、クラシック、ジャズの両方のジャンルで演奏している。博士号取得に向けて取り組んでいる間、ニュージャージー州立大学ラトガーズ校でバーナード・グリーンハウスの助手を務めた。母国ブラジルで、世界で著名ななコンサートホールやフェスティバルで演奏を行っている。ソリストとしてだけでなく、オーケストラ・ダルキ・イタリアーナ、ブラジリア国立劇場管弦楽団、ヨハネスブルク・フィルハーモニー管弦楽団などの多くのオーケストラの指揮者としても出演。1995年、クラリネット奏者のパキート・デ・リヴェラ(Paquito d’Rivera)、ピアニストのパブロ・ジンガー(Pablo Zinger)と共に、アンサンブルTrianguloを結成。世界中の聴衆に多様なラテンアメリカの音楽レパートリーを紹介し、CD録音も行った。録音の1つは、2001年にグラミー賞にノミネートされ編曲家としても活躍し、作品は、ヨーヨー・マやブエノスアイレス弦楽四重奏団などのアーティストによって演奏、録音されている。教育活動にも熱心で、アフリカや南北アメリカの貧しい地域でも、才能のある若いミュージシャンを育成することに力を注いでいる。

"グスタヴォ・タバレス"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"グスタヴォ・タバレス"のおすすめYoutubeビデオ

Um Café Lá em Casa com Gustavo Tavares e Nelson Faria

Um Café Lá em Casa com Gustavo Tavares e Nelson Faria

Triangulo plays Piazzolla: Paquito d`Rivera, Gustavo Tavares and Pablo Zinger

Triangulo plays Piazzolla: Paquito d`Rivera, Gustavo Tavares and Pablo Zinger

TAVARES & FARIA DUO . MELODIA SENTIMENTAL

TAVARES & FARIA DUO . MELODIA SENTIMENTAL

Nelson Faria: Concerto Brasileiro || Gustavo Tavares, cello solo; Norton Morozowicz, regente

Nelson Faria: Concerto Brasileiro || Gustavo Tavares, cello solo; Norton Morozowicz, regente

Gustavo Tavares - "Ladainha" for 8 cellos

Gustavo Tavares - "Ladainha" for 8 cellos

Gustavo Tavares

Gustavo Tavares

おすすめアーティスト

チェリスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
V
W
X
Y
Z