Andras Schiff (アンドラーシュ・シフ)

ピアニスト ハンガリー (Hungary) イギリス (United Kingdom)

Andras Schiff (アンドラーシュ・シフ)。ハンガリーの男性ピアニスト。1953年12月21日生まれ。

5歳からピアノを始め、リスト音楽院でヴァダーシュに師事した後、カール・カドサ、フェレンツ・ラドスに師事した。クラスメートには、著名なコンサート・ピアニストのコチシュ・ゾルターンやデジュー・ラーンキがいた。ワイマールのリスト音楽院の夏期講習で、タチアナ・ニコライエワとベラ・ダヴィドヴィッチに師事した。その後、ロンドンで、当時の鍵盤楽器を使用した演奏の先駆者であるジョージ・マルコムに師事し、マルコムとともに、モーツァルトの4手ピアノ曲をモーツァルトが実際に使用したフォルテピアノを使って録音した。また、ギョルギー・クルタークにピアノと室内楽を学んだ。1974年のチャイコフスキー国際ピアノコンクールで第4位、1975年のリーズ国際ピアノフォルテコンクールで第3位に入賞。1987年にオーストリア国籍を取得し、ロンドンとザルツブルクで暮らした。1989年から1998年まで、ザルツブルク近郊の室内楽フェスティバル「Musiktage Mondsee」の芸術監督を務めた。1995年、オーボエ奏者のハインツ・ホリガーと共同で、スイスのカルタウス・イッティンゲンに "Ittinger Pfingstkonzerte "を設立した。2004年から2007年までワイマール芸術祭のアーティスト・イン・レジデンスに参加。2007-08年シーズンには、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のピアニスト・イン・レジデンスを務めた。2011-12年には、カーネギーホールの「パースペクティブ・アーティスト」の一人に選ばれた。1999年には、室内オーケストラ「カペラ・アンドレア・バルカ」を結成した。指揮者として、フィルハーモニア管弦楽団(ロンドン)やヨーロッパ室内管弦楽団に定期的に出演するほか、サンフランシスコ交響楽団やロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団にも出演している。バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、シューマンの解釈で高い評価を受けている。デッカ・レーベルでは、バッハの鍵盤楽器作品を多く録音し、スカルラッティ、エルンスト・フォン・ドホナニー、ブラームス、チャイコフスキーの作品、モーツァルトとシューベルトのピアノ・ソナタ全曲、フェリックス・メンデルスゾーンのピアノ協奏曲全曲(シャルル・デュトワとの共演)、モーツァルトのピアノ協奏曲全曲(サーンドル・ヴェーグ率いるカメラータ・アカデミカ・ザルツブルクとの共演)などを録音している。テルデック・レーベルでの録音は、ベルナルド・ハイティンク指揮ドレスデン・シュターツカペレとのベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲、イヴァン・フィッシャー指揮ブダペスト祝祭管弦楽団とのベラ・バルトークのピアノ協奏曲全曲のほか、ハイドン、ブラームスなどのソロ作品がある。ECMレーベルへの代表的な録音としては、ヤナーチェクやサーンドール・ヴェレスの音楽、当時のフォルテピアノを用いたシューベルトやベートーヴェンの主要作品、チューリッヒで行われたベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲のライブ録音などがある。2004年から2006年にかけて、ロンドンのウィグモア・ホールでベートーヴェンのソナタ全曲のレクチャー・リサイタルを行っている。ECMへのライブ・コンサート録音には、バッハのパルティータやゴルトベルク変奏曲がある。現在、ドイツ・ベルリンのバレンボイム・サイード・アカデミーの教授として、ピアノの特別客員教授を務めている。また、ジュリアード音楽院、オベリン大学、英国王立音楽院などでもマスタークラスを行っている。1990年のグラミー賞(ベスト・インストゥルメンタル・ソリスト・パフォーマンス[オーケストラな] - バッハのイギリス組曲)、1990年のグラモフォン賞(ペーター・シュライヤーとのシューベルト・リサイタル)、1991年のバルトーク賞、1994年のクラウディオ・アラウ・メモリアル・メダル、1996年のコズート賞、1997年のレオニー・ソニング音楽賞、2006年のベートーヴェン・ソナタ全曲録音によるボン・ベートーヴェン・ハウスの名誉会員などがある。2006年には、ベートーヴェンのピアノソナタ全集の録音で、ボンのベートーヴェンハウスの名誉会員となり、2007年には、ベートーヴェンのピアノソナタ全集で、イタリアのフランコ・アッビアーティ賞を受賞。2007年には「ヨハン・セバスティアン・バッハの演奏や学術的研究に顕著な貢献をした個人」に贈られるコーン財団主催の王立音楽アカデミー・バッハ賞、2008年にウィグモア・ホール・メダル、2008年には卓越したピアニスティックな業績に贈られるルール・クラヴィーア音楽祭賞、2011年にはツヴィッカウ市のロベルト・シューマン賞、2012年1月には国際モーツァルテウム財団のゴールデン・モーツァルト・メダルを受賞した。また、ブダペスト、デトモルト、ミュンヘンの音楽アカデミーから名誉教授の称号を授与されているほか、オックスフォード大学バリオール・カレッジの特別超教派フェローでもある。2013年12月、ロイヤル・フィルハーモニック・ソサエティからゴールド・メダルを授与される。2014年の女王誕生日栄誉賞リストで、音楽への貢献によりナイト・バチェラーに選ばれている。ヴァイオリニストの塩川優子と結婚しており、ロンドン、イタリアのフィレンツェ、日本の鎌倉に住居を構えている。

"アンドラーシュ・シフ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"アンドラーシュ・シフ"のおすすめYoutubeビデオ

J.S.Bach - French Suites

J.S.Bach - French Suites

Domenico Scarlatti Keyboard Sonatas, András Schiff

Domenico Scarlatti Keyboard Sonatas, András Schiff

András Schiff plays Schubert II

András Schiff plays Schubert II

András Schiff - Bach. Italian Concerto in F BWV971

András Schiff - Bach. Italian Concerto in F BWV971

SIR ANDRÁS SCHIFF – Schubert – Four Impromptus D. 935 (Audio Only)

SIR ANDRÁS SCHIFF – Schubert – Four Impromptus D. 935 (Audio Only)

András Schiff - Bach. French Suite No.5 in G Major BWV816

András Schiff - Bach. French Suite No.5 in G Major BWV816

Bach - English Suites (Andras Schiff)

Bach - English Suites (Andras Schiff)

András Schiff - Bach. French Suite No.2 in C minor BWV813

András Schiff - Bach. French Suite No.2 in C minor BWV813

András Schiff, Bach French Suites BWV 812 - 817

András Schiff, Bach French Suites BWV 812 - 817

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z