Sung-Suk Kang (カン・ソクチョン)

ピアニスト 韓国 (Korea)

Sung-Suk Kang (カン・ソクチョン)。韓国の女性ピアニスト。

韓国のソウル生まれ。5歳よりピアノを始め、その後、名門のソウル芸術大学で学び、シンガポールでの研修を経て、英国王立北音楽大学(デリック・ウィンダム)、ウィーン国立音楽大学(パウル・バドゥラ=スコダ)に師事した。学生時代には、ヴラド・ペルレムター、ジョセフ・カリヒシュタイン、パスカル・ロジェなどのマスタークラスに参加。1990年には、カナダのアルバータ州にある世界的に有名なバンフ・センター・フォー・ジ・アーツにに参加し、ルイス・クラレやゾルタン・セケリなど、世界的に活躍する演奏家たちと共演。協奏曲、リサイタル、室内楽など幅広く活躍し、これまでに、イギリス、シンガポール、カナダ、オーストリア、チェコ、イタリア、ペルーなど、世界各地で演奏活動を行った。特に、オーストリアのカリンシア・ゾンマー音楽祭で行われたモーツァルトの大イベントでは、ポール・バドゥラ=スコダとのデュエット・レパートリーに招待されている。録音では、モーツァルトのK466とK491の協奏曲(プラハ・モーツァルト・オーケストラ)、バッハのニ短調鍵盤協奏曲(ルース室内管弦楽団)、メンデルスゾーンのニ短調ピアノ協奏曲(ルース・フィルハーモニー管弦楽団)、シューマンのピアノ協奏曲とルービンシュタインのピアノ協奏曲第4番(いずれもプロブディフ・フィルハーモニー管弦楽団)などがある。リサイタルでは、ブラームスのインテルメジイ作品117、118、ベートーヴェンの作品10第3番のソナタ、ベルクのソナタ、ショパンの作品などを収録したアルバムをリリースしている。室内楽の録音では、ベートーヴェン・プロジェクトとして、「チェロ・ソナタ全曲」(ヴォルフガング・パンホーファーとの共演)と「ヴァイオリン・ソナタ全曲」(マリオ・ホーセンとの共演)がある。また、コントラバス奏者であるレオン・ボッシュとのイギリスとロシアの音楽を集めたCDや、ドメニコ・ドラゴネッティの音楽を集めたCDなどをリリースしている。ウィーン国立音楽院の教授を務めている

"カン・ソクチョン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"カン・ソクチョン"のおすすめYoutubeビデオ

Sung-Suk Kang

Sung-Suk Kang

Leon Bosch and Sung-Suk Kang

Leon Bosch and Sung-Suk Kang

Beethoven Concerto No.3, Sung Suk Kang -piano & Sandro Cuturello -conductor.  3 Mov. Rondo

Beethoven Concerto No.3, Sung Suk Kang -piano & Sandro Cuturello -conductor. 3 Mov. Rondo

Leon Bosch & Sung-Suk Kang Pedro Valls

Leon Bosch & Sung-Suk Kang Pedro Valls

Ballade No. 1 in G Minor, Op. 23

Ballade No. 1 in G Minor, Op. 23

Fantasiestücke, Op. 12: II. Aufschwung in F Minor

Fantasiestücke, Op. 12: II. Aufschwung in F Minor

Beethoven Concerto No.3, Sung Suk Kang -piano & Sandro Cuturello -conductor.  2 Mov. Largo

Beethoven Concerto No.3, Sung Suk Kang -piano & Sandro Cuturello -conductor. 2 Mov. Largo

Ballade No. 3 in A-Flat Major, Op. 47

Ballade No. 3 in A-Flat Major, Op. 47

Nocturne

Nocturne

2 Pièces pour contrebasse et piano, Op. 32: No. 1, Prélude

2 Pièces pour contrebasse et piano, Op. 32: No. 1, Prélude

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z