Susanne Kessel (スザンヌ・ケッセル)

ピアニスト ドイツ (Germany)

Susanne Kessel (スザンヌ・ケッセル)。ドイツの女性ピアニスト。1970年生まれ。

ドイツのボン出身。クラシックから現代音楽まで幅広く演奏している。自分のために作曲された、あるいは彼女自身が提案した数百のピアノ作品を初演している。ケルン音楽大学でピシェン・チェンに師事。また、エディット・ピヒト=アクセンフェルト、ルドルフ・ケーラー、ダニエル・ブルーメンタール、カール・ハインツ・ケマーリング、ピエール=ローラン・エマールなど、多くのピアニストのマスタークラスを受講した。1993年のドルトムントで開催されたシューベルト国際コンクールで入賞し、その後も様々な賞を受賞している。ヨーロッパとアメリカでツアーを行っている。作曲家で打楽器奏者のレオン・マイロ(1956-2014)とのデュオ「Pianowaves」では、ピアノ、打楽器、エレクトロニクスのための音楽を演奏している。また、いくつかの映画作品の音楽を担当しまし、映画「Blueprint」(2004年、ドイツ)では、クラシック音楽のサウンドトラック全体を演奏した。国際作曲プロジェクト 「ベートーヴェンのための250のピアノ曲(250 piano pieces for Beethoven」(2013-2020)の発案者、ピアニスト、オーガナイザー、編集者、プロデューサー、共同出版者である。2020年のベートーヴェン生誕250周年に向けて、2013年より47カ国の261人の作曲家に新しいピアノ曲を委嘱した。新しい音楽、ジャズ、映画音楽の作曲家を個人的に招待している。ピアノ曲の初演は、ベートーヴェンの生誕地であるボンで行われ、その他の都市でも選曲された曲の演奏会が行われている。また、ラジオ録音(WDR)やCD制作も行われ、すべての作品は2020年までにEDITIONS MUSICA FERRUMから出版されている。

"スザンヌ・ケッセル"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"スザンヌ・ケッセル"のおすすめYoutubeビデオ

"Ludwig at the silent movies" played by Susanne Kessel - world premiere

"Ludwig at the silent movies" played by Susanne Kessel - world premiere

Susanne Kessel, Schindlers List - John Williams

Susanne Kessel, Schindlers List - John Williams

250 piano pieces for Beethoven. Susanne Kessel, piano

250 piano pieces for Beethoven. Susanne Kessel, piano

Susanne Kessel, Prélude gis-moll op. 32 No. 12 - Sergej Rachmaninoff

Susanne Kessel, Prélude gis-moll op. 32 No. 12 - Sergej Rachmaninoff

Susanne Kessel, Spring (The Seasons) - John Cage

Susanne Kessel, Spring (The Seasons) - John Cage

In memoriam Ludwig van Beethoven

In memoriam Ludwig van Beethoven

Susanne Kessel, Klavierstück op. 11 Nr. 1 - Arnold Schoenberg

Susanne Kessel, Klavierstück op. 11 Nr. 1 - Arnold Schoenberg

Susanne Kessel, Dritte Sonate 1. Satz - Hanns Eisler

Susanne Kessel, Dritte Sonate 1. Satz - Hanns Eisler

Michael Denhoff - Fissione, performed by Susanne Kessel, live at Beethovenfest Bonn

Michael Denhoff - Fissione, performed by Susanne Kessel, live at Beethovenfest Bonn

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z