Marc Laforet (マルク・ラフォレ)

ピアニスト フランス (France)

Marc Laforet (マルク・ラフォレ)。フランスの男性ピアニスト。1965年生まれ。

5歳からピアノを始める。ブーローニュ・ビヤンクール音楽院でジャクリーヌ・ランドウスキーのクラスで学んだ後、パリ国立高等音楽院のピエール・サンカンのクラスに入り1等賞を獲得した。アルトゥール・ルービンシュタインに励まされ、ユーディ・メニューイン財団から賞を、チャイフラ財団からメダルを授与された。1985年、ワルシャワで開催されたショパン・コンクールで第2位、聴衆賞、マズルカ賞、ラジオ・テレビ賞を受賞。国際的なキャリアをスタートさせ、パリやアメリカ、ヨーロッパの首都でリサイタルを行っている。これまでに、ダニエル・バレンボイム、ヴァレリー・ゲルギエフ、ジョルジュ・プレートル、ルドルフ・バルカイ、ジャン・クロード・カサデス、ウラディミール・アシュケナージ、クラウス=ペーター・フロール、ヴァシリ・シナイスキー、アーミン・ジョルダン、セルジュ・ボード、スタニスワフ・スクロヴァチェフスキ、アントニ・ヴィット、エリアフ・インバルなどの指揮者のもとで、パリ管弦楽団、ベルリン交響楽団、ミラノ・スカラ座、モンテカルロ交響楽団、ロンドン・フィルハーモニア管弦楽団、プラハ・フィルハーモニー管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団、ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団、ライプツィヒ・フィルハーモニー管弦楽団、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団、ベルギー国立管弦楽団、リール国立管弦楽団などの著名なオーケストラと共演している。これまでにルドルフ・バルシャイ指揮ロンドン・フィルハーモニアとショパンの2つのピアノ協奏曲や、24の前奏曲とソナタ、ショパンのワルツ全曲の録音をリリースしている。また、1988年からEMIでショパンのソナタ第2番を録音している。また、カジミエシュ・コルド指揮のワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団とのショパンの2つの協奏曲をCDとDVDに収録している。2002年には、ヨーロッパのヤング・コンサート・アーティスト・オーディションのアーティスティック・アドバイザーと、ボルドー地方の音楽祭「Classiquaquitaine」(現在のLes Grands Crus musicauxとして知られている)の芸術監督に任命された。

"マルク・ラフォレ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"マルク・ラフォレ"のおすすめYoutubeビデオ

Marc Laforet | piano | Chopin Andante Spianato et Grande Polonaise op.22

Marc Laforet | piano | Chopin Andante Spianato et Grande Polonaise op.22

MARC LAFORET plays CHOPIN Sonata No.2 (1988)

MARC LAFORET plays CHOPIN Sonata No.2 (1988)

MARC LAFORET plays CHOPIN 4 Mazurkas Op.24 (1986)

MARC LAFORET plays CHOPIN 4 Mazurkas Op.24 (1986)

Chopin Competition 1985 – Stanislav Bunin, Marc Laforet, Krzysztof Jablonski

Chopin Competition 1985 – Stanislav Bunin, Marc Laforet, Krzysztof Jablonski

Marc Laforet | piano | Chopin sonata Nr.2 II. Scherzo

Marc Laforet | piano | Chopin sonata Nr.2 II. Scherzo

Chopin Ballad nr 1, Marc Laforet

Chopin Ballad nr 1, Marc Laforet

Chopin Concerto n° 2 Marc Laforet/ Caracciolo Orchestra Scarlatti 1985

Chopin Concerto n° 2 Marc Laforet/ Caracciolo Orchestra Scarlatti 1985

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z