Leonard Shure (レオナルド・シュレ)

ピアニスト アメリカ (United States)

Leonard Shure (レオナルド・シュレ)。アメリカの男性ピアニスト。1910年4月10日生まれ。1995年2月28日没。

ロサンゼルス生まれ。5歳からピアノを始める。1927年にハンス・アイスラー音楽大学ベルリンを卒業し、ドイツでデビュー。アルトゥール・シュナーベルの唯一の助手として1933年まで働いた。1933年にアメリカに戻り、セルゲイ・クーセヴィツキー指揮のボストン交響楽団と共演してアメリカデビュー。以降、ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団、デトロイト、セントルイス、ピッツバーグ交響楽団などアメリカの主要なオーケストラと共演。とりわけジョージ・セル指揮のクリーブランド管弦楽団との共演が名高い。1946年にヴァイオリニストのアンリ・テミアンカとベートーヴェンのヴァイオリンソナタ全曲演奏を行った。1979年には旧ソ連でも演奏ツアーを行った。ウィリアム・スタインバーグ、レナード・バーンスタイン、ディミトリス・ミトロプーロスらの指揮者とも共演した。クリーブランド音楽院、テキサス大学オースティン校、ボストン大学、マネス音楽学校、ニューイングランド音楽院でピアノを教えた。1966年と1967年にハーバード大学で最初の音楽コースを提供した。

"レオナルド・シュレ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"レオナルド・シュレ"のおすすめYoutubeビデオ

Leonard Shure plays Beethoven Sonata in A flat major no. 31, op. 110 - 1st and 2nd movements

Leonard Shure plays Beethoven Sonata in A flat major no. 31, op. 110 - 1st and 2nd movements

Leonard Shure plays Schumann Fantasia Op. 17

Leonard Shure plays Schumann Fantasia Op. 17

Leonard Shure plays Johannes Brahms Fantasias, Op. 116

Leonard Shure plays Johannes Brahms Fantasias, Op. 116

Leonard Shure Plays Brahms Piano Concerto NO.2  in B-Flat, Op. 83   October, 1982

Leonard Shure Plays Brahms Piano Concerto NO.2 in B-Flat, Op. 83 October, 1982

Leonard Shure plays Beethoven Sonata in A flat major no. 31, op. 110, III.  Adagio - Allegro

Leonard Shure plays Beethoven Sonata in A flat major no. 31, op. 110, III. Adagio - Allegro

Leonard Shure plays Beethoven Concerto No. 5, 3rd mov. and Brahms Concerto No. 1

Leonard Shure plays Beethoven Concerto No. 5, 3rd mov. and Brahms Concerto No. 1

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z