Randall Hodgkinson (ランダール・ホジキンソン)

ピアニスト アメリカ (United States)

Randall Hodgkinson (ランダール・ホジキンソン)。アメリカの男性ピアニスト。

ニューイングランド音楽院で音楽学士号、音楽修士号を取得。これまでにヴェロニカ・ヨッフムとラッセル・シャーマンに師事。1981年にカーネギーホールとロックフェラー財団が後援した国際アメリカ音楽コンクールで優勝。J.S.バッハ国際コンクールでも優勝し、1971年にタングルウッド音楽センターのキャボット賞を受賞。1985年にローマのサンタ・チェチーリア国立管弦楽団でヨーロッパのオーケストラデビューを果たした。 1986年後半、彼はアリスタリーホールで正式なニューヨークリサイタルデビューを果たしました。彼は、アトランタ交響楽団、ボストン交響楽団、バッファローフィルハーモニックオーケストラ、クリーブランドオーケストラ、フィラデルフィア管弦楽団、コンコードオーケストラ(マサチューセッツ州コンコード)、アイスランドフィルハーモニック、ローマのサンタ・チェチーリア国立管弦楽団など、数多くのオーケストラと共演。レナード・バーンスタインとガンサー・シュラーとも共演している。ボストン室内楽協会、ボストン・アーティスト・アンサンブル、ウースター室内楽協会、グラマシー・トリオのメンバーとして活躍している。メイン州のブルーヒル・フェスティバル、バージミュージック、コネチカット州マディソンのチェスナットヒル・コンサート、シアトル室内楽フェスティバル、サンタフェ室内楽フェスティバルなど、数多くのフェスティバルに出演。妻のレスリー・アンパーと定期的に4手の作品や2台のピアノの作品の演奏を行っている。現在、ボストンのニューイングランド音楽院、ケンブリッジのロングイー音楽学校、マサチューセッツ州ウェルズリーのウェルズリー大学の学部で教鞭をとっている。

"ランダール・ホジキンソン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ランダール・ホジキンソン"のおすすめYoutubeビデオ

Brandeis-Wellesley Orchestra, Fall Concert

Brandeis-Wellesley Orchestra, Fall Concert

BSO NOW A Fragile Peace: Between the Wars | Eda Rapoport

BSO NOW A Fragile Peace: Between the Wars | Eda Rapoport

Korngold "Much Ado about Nothing" Victor Romanul violin Randall Hodgkinson piano

Korngold "Much Ado about Nothing" Victor Romanul violin Randall Hodgkinson piano

Toccata prestidigita

Toccata prestidigita

@Home with WCMS: Randall Hodgkinson plays Schubert Impromptu Op. 90, No. 1

@Home with WCMS: Randall Hodgkinson plays Schubert Impromptu Op. 90, No. 1

Sonata No. 1 For Cello And Piano, Op. 52: II. Andante Sostenuto

Sonata No. 1 For Cello And Piano, Op. 52: II. Andante Sostenuto

Scherzo No. 4 in E Major, Op. 54

Scherzo No. 4 in E Major, Op. 54

BSO NOW A Fragile Peace: Between the Wars | Stravinsky and Shostakovich

BSO NOW A Fragile Peace: Between the Wars | Stravinsky and Shostakovich

Randall Hodgkinson

Randall Hodgkinson

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z