Alexander Paley (アレクサンダー・パレイ)

ピアニスト モルドバ (Moldova)

Alexander Paley (アレクサンダー・パレイ)。モルドバの男性ピアニスト。1956年1月9日生まれ。

6歳よりピアノを始める。13歳のとき最初のコンサートを行った。モスクワ音楽院でベラ・ダビドウィッチとヴェラ・ゴルノステイエワに師事。1984年のライプツィヒ・バッハコンクールで優勝、1986年にブルガリアで開催された第1回パンチョウラ・ジゲロフ・コンクールでベーゼン・ドルファー賞を受賞。1988年にアメリカに移住。ソリスト、室内楽奏者として、ヨーロッパ、アメリカ、中国でコンサートを行った。ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、ボリス・ペルガメンシコウ、ベラ・ダヴィドヴィッチ、ドミトリー・シトコヴェツキーなどのアーティストと共演。ゲヴァントハウス管弦楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、ボルショイ劇場管弦楽団、NDR、エルベフィルハーモニー管弦楽団、フランス国立オーケストラ、ロサンゼルスフィルハーモニー管弦楽団など、世界の主要なオーケストラと共演。アレクサンダー・ペイリー・フェスティバルを設立し、2011年にモルドバで第1回の公演を行った。カーネギーホールでのシーラ・シルバーのピアノ協奏曲の初演、ストラスブールフィルハーモニー管弦楽団とともにジャン=ルイ・アゴベットのピアノ協奏曲の初演など、多くの世界初演を行っている。妻はピアニストのペイウェン・チェン。

"アレクサンダー・パレイ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"アレクサンダー・パレイ"のおすすめYoutubeビデオ

Alexander PALEY - Liszt - La Campanella

Alexander PALEY - Liszt - La Campanella

Alexander PALEY - Liszt - La Campanella

Alexander PALEY - Liszt - La Campanella

Alexander PALEY - Liszt - Ungarische Rhapsodie n.10

Alexander PALEY - Liszt - Ungarische Rhapsodie n.10

Alexander PALEY - Schumann - Abegg Variations

Alexander PALEY - Schumann - Abegg Variations

FHMD2009 -- Bach: Partita No.2 in C minor, BWV.826  --  Alexander Paley  -- Part 1

FHMD2009 -- Bach: Partita No.2 in C minor, BWV.826 -- Alexander Paley -- Part 1

Alexander Paley plays Tchaikovsky's 1st Concerto

Alexander Paley plays Tchaikovsky's 1st Concerto

Alexander Paley plays A. Rubinstein "Valse-Impromtu"

Alexander Paley plays A. Rubinstein "Valse-Impromtu"

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z