Elena Rozanova (エレーナ・ロザノヴァ)

ピアニスト ウクライナ (Ukraine)

Elena Rozanova (エレーナ・ロザノヴァ)。ウクライナの女性ピアニスト。1969年3月23日生まれ。

ウクライナのオデッサで音楽家の両親のもとに生まれる。グネーシン音楽学校で学んだ後、チャイコフスキー音楽院に入学。タチアナ・ゼリクマン、アレクセイ・ナセドキン、エフゲニ・モグイレフスキーに師事。パリのマルグリット・ロン-ジャック・ティボー音楽コンクール入賞、またロッテルダムのエドゥアルド・フリプス賞、日本の福岡の園田高弘賞などを受賞。ソリストとして、フランス国立管弦楽団、フランダース・ロイヤル・フィルハーモニア、ボン・ベートーヴェンハレ管弦楽団、ノボシビルスク交響楽団、サンクトペテルブルク・カメラータ、ラ・カメラータ・アイルランドなど、多くのオーケストラと共演。ジャン=クロード・カサドシュ、サウリュス・ソンデツキス、アルノルト・ミハイロヴィチ・カッツなどの指揮者と共演。ヴァイオリニストのスヴェトリン・ルセフ、チェリストのフランソワ・サルクとトリオを組んでいる。室内楽では、ジョセフ・シルヴァースタイン、ラファエル・オレグ、ウラディミール・メンデルスゾーン、ドーラ・シュワルツバーグ、バリー・ダグラス、イザイ管弦楽団などと共演している。パリのシャンゼリゼ劇場、パリ市立劇場、シャトレ劇場、リスボンのベレン文化センター、モスクワの音楽センター、ウィーンのコンツェルトハウスなどの一流のコンサートホールで定期的に演奏している。フランスでは、ヴァイオリニストのグラーフ・ムルジャと共演し、ハルモニア・ムンディの「Les Nouveaux Interpretes」に収録したラヴェル、シュニトケ、シマノフスキーの録音、Harmonia Mundiからリリースされたショスタコーヴィチ、ラヴェル、プロコフィエフの作品を収録した録音、ヴァイオリニストのスヴェトリン・ルセフと共演したウラディゲロフの作品を収録したCDなどで高い評価を受けている。1999年から2005年の間、フランクフルトの大学でピアノを伴う室内楽の教授を務めている。ートリーはバロックから現代音楽まで幅広く、多くの新曲を演奏している。また、"Les Classiques au Val d'Isere "フェスティバルの芸術監督を務めている。

"エレーナ・ロザノヴァ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"エレーナ・ロザノヴァ"のおすすめYoutubeビデオ

Elena Rozanova

Elena Rozanova

Elena Rozanova : Rachmaninov au piano pour moi !

Elena Rozanova : Rachmaninov au piano pour moi !

Elena Rozanova "Les Ballets Russes"

Elena Rozanova "Les Ballets Russes"

Chopin : Valse en Ut dièse mineur Op. 64 n° 2 par Elena Rozanova

Chopin : Valse en Ut dièse mineur Op. 64 n° 2 par Elena Rozanova

Elena Rozanova - Modeste Moussorgski

Elena Rozanova - Modeste Moussorgski

Elena Rozanova ~ Rachmaninoff : Moments Musicaux, Op.16: I. Andantino / Menurella

Elena Rozanova ~ Rachmaninoff : Moments Musicaux, Op.16: I. Andantino / Menurella

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z