Valerie Tryon (ヴァレリー・トライオン)

ピアニスト イギリス (United Kingdom) カナダ (Canada)

Valerie Tryon (ヴァレリー・トライオン)。イギリスの女性ピアニスト。1934年9月5日生まれ。

イギリスのポーツマス生まれ。9歳でノーザン・ユース・オーケストラ・オブ・グレートブリテンのツアーに参加し、12歳になる前にはBBCで放送された。1948年にARCMとLRAMのディプロマを取得。王立音楽院に最年少で入学し、1950年から1955年までエリック・グラントに師事し、1953年にロンドンでデビュー。在学中に英国王立音楽院のピアノ部門で最高賞を受賞したほか、ボワーズ奨学金を得て、1955年から1956年にかけてパリのジャック・フェヴリエに師事した。1956年にはブダペストで開催されたリスト・コンクールで入賞。ウィグモア・ホールでロンドン・デビューした後、1959年のチェルトナム音楽祭に出演し、熱狂的な評価を受けた。1959年以降、トリオンはソリストやリサイタル奏者として、イギリスの主要なコンサートホールをはじめ、ヨーロッパ、南アフリカ、カナダ、アメリカなどで活躍している。ハレ管弦楽団、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン交響楽団、トロント交響楽団などの主要オーケストラとピアノ協奏曲を演奏している。これまでに共演した指揮者には、サー・コリン・デイヴィス、サー・エイドリアン・ボールト、シャルル・デュトワ、ピエール・モントゥー、サイモン・ストレイトファイルドらがいる。ソリストとしては、特にショパン、リスト、ラフマニノフの作品を演奏することで知られている。1976年、マクマスター大学の准教授に就任。1980年には、マクマスター大学のアーティスト・イン・レジデンスを務めた。北米では、トロント、モントリオール、ボストン、ワシントン、ピッツバーグ、ミネアポリス、サンフランシスコ、ロサンゼルスなどの都市で公演を行っている。1986年にカナダに帰化。ウェブベースで配信するためのMIDIシーケンスを大量に作成したことでも知られている。ライブ・シーケンスの作成には、ローランドのFP8-88ウェイト型MIDIキーボード・コントローラーと「リアルタイム」レコーディング技術を使用しており、2009年現在、このメディアでの録音は約900件にのぼり、そのほとんどがPGミュージック社とのコラボレーションによるものである。1993年、PGミュージック社と共同で、クラシック曲の215のMIDI配列を含むコンピュータベースの学習プログラム「ピアニスト」をリリースした。室内楽では、イギリスでの代表的なデュオ・パートナーは、アルフレード・カンポリ(ヴァイオリン)とジョージ・アイザック(チェロ)で、この2人とは数々の重要な録音を残している。1971年にアイザックと共演したラフマニノフの『チェロ・ソナタ』は高い評価を受けた。アルン・ホディノットのピアノ協奏曲をプロムスで初演。彼の音楽を熱心に支持していただけでなく、彼女はキャリアの初期にストラヴィンスキー、ショスタコーヴィチ、バルトークなど他の20世紀の音楽も多く演奏していた。バッハから20世紀までの幅広いスタイルをカバーしているが、レパートリーの中心は、ブラームスの「パガニーニ変奏曲」作品35のような技術的に要求の高い19世紀の作品や、リストの「超絶技巧練習曲」や「パガニーニ練習曲」などの多くの作品が数多く含まれる。バルトークのピアノ協奏曲第3番、ベートーヴェン、ショパン、リストの全協奏曲、モーツァルトの7曲、チャイコフスキーの第1番と第2番、ブリテン、フランク、リヒャルト・シュトラウス、トゥリーナ、ウェーバーの作品など、ピアノとオーケストラのための作品を数多く演奏している。

"ヴァレリー・トライオン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ヴァレリー・トライオン"のおすすめYoutubeビデオ

Recital: Valerie Tryon, Piano

Recital: Valerie Tryon, Piano

Valerie Tryon plays Cecile Chaminade's "Automne"

Valerie Tryon plays Cecile Chaminade's "Automne"

Rachmaninoff    Etudes-Tableaux Op39 complete - Valerie Tryon

Rachmaninoff Etudes-Tableaux Op39 complete - Valerie Tryon

Valerie Tryon performs at McMaster

Valerie Tryon performs at McMaster

Liszt - A la Chapelle Sixtine (Allegri-Mozart), Valerie Tryon

Liszt - A la Chapelle Sixtine (Allegri-Mozart), Valerie Tryon

Chopin - 12 Etudes Op. 25 - Valerie Tryon

Chopin - 12 Etudes Op. 25 - Valerie Tryon

Pianist Valerie Tryon plays the Schubert-Liszt 'Ave Maria'

Pianist Valerie Tryon plays the Schubert-Liszt 'Ave Maria'

Liszt - Mephisto Waltz No. 1 (arr. by the composer) - Valerie Tryon

Liszt - Mephisto Waltz No. 1 (arr. by the composer) - Valerie Tryon

Valerie Tryon plays Grünfeld's Soirée de Vienne

Valerie Tryon plays Grünfeld's Soirée de Vienne

Bach/Busoni - Chaconne in D minor, BWV 1004 - Valerie Tryon

Bach/Busoni - Chaconne in D minor, BWV 1004 - Valerie Tryon

Conversations With Keith -- Valerie Tryon -- Part 1 of 2

Conversations With Keith -- Valerie Tryon -- Part 1 of 2

Valerie Tryon in conversation with Melanie Spanswick

Valerie Tryon in conversation with Melanie Spanswick

Valerie Tryon plays Rachmaninov, two transcriptions

Valerie Tryon plays Rachmaninov, two transcriptions

Valerie Tryon plays Chopin Ballade No 1

Valerie Tryon plays Chopin Ballade No 1

Mozart - Piano Sonata in A minor, K. 310 - Valerie Tryon

Mozart - Piano Sonata in A minor, K. 310 - Valerie Tryon

Valerie Tryon plays Ignaz Friedman's "Studies on a Theme of Paganini", Op.47b

Valerie Tryon plays Ignaz Friedman's "Studies on a Theme of Paganini", Op.47b

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z