Nina Schumann (ニナ・シューマン)

ピアニスト 南アフリカ (South Africa)

Nina Schumann (ニナ・シューマン)。南アフリカの女性ピアニスト。

幼少期にロナ・ルパートとラマ・クロウソンから音楽を学んだ。15歳で初めてオーケストラと共演し、1988年に高校生を対象とした第5回全国音楽コンクールで優勝して注目を集めた。その後、1989年にはOude Meester Music Prize、1990年にはForte Competition、1991年にはWooltru ScholarshipとAdcock-Ingram Music Prizeを受賞。南アフリカ、ドイツ、ポルトガル、スコットランド、アルメニア、アメリカのオーケストラとの協奏曲演奏は140回を超え、40曲の協奏曲をレパートリーとしている。1993年、SAMRO Overseas Scholarship Competitionで優勝し、ケープタウン大学(UCT)からJules Kramer BursariesとHarry Crossley Bursaries for Overseas Studyを授与された。その後、1993年のUNISA国際ピアノコンクールで最優秀南アフリカ人ピアニスト賞、1996年のシュリーブポート・コンチェルト・コンクールでファイナリストおよび特別賞、1997年のカサブランカ国際ピアノコンクールで第3位を受賞するなど、国際的にも高い評価を受けている。カリフォルニア大学ロサンゼルス校で修士号を取得後、ノーステキサス大学でヴァン・クライバーン賞受賞者のウラディミール・ヴィアルドの指導を受け、音楽博士号を取得した。1999年にステレンボッシュ大学の准教授兼ピアノ科長に任命された後、UCTに博士号を移し、2005年に卒業した。2009年には、音楽分野への貢献が認められ、UCT学長賞を受賞している。ソロ活動や学業の傍ら、夫であるピアニストのルイス・マガルヘスとデュオ「TwoPianists」を組んで活動しており、同時にTwoPianists Recordsの創設者兼ディレクターを務めている。TwoPianists Recordsは、2年連続で南アフリカ音楽賞のベスト・ポピュラー・クラシック・アルバム賞を受賞している。メゾソプラノのミシェル・ブリードとの初レコーディング「Shakespeare Inspired」もドイツ批評家賞を受賞している。ジュリアード音楽院をはじめとする国際的な名門校や音楽学校で、世界各地でマスタークラスを開催している。2013-2014年シーズンには、ウィグモアホールとチューリッヒ・トンハレでデビューを果たした。

"ニナ・シューマン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ニナ・シューマン"のおすすめYoutubeビデオ

AMERICAN INTERSECTIONS: Nina Schumann & Luis Magalhães (piano Duo)

AMERICAN INTERSECTIONS: Nina Schumann & Luis Magalhães (piano Duo)

Medtner: Sonata-Reminiscenza (NINA SCHUMANN - piano)

Medtner: Sonata-Reminiscenza (NINA SCHUMANN - piano)

Rosamund Eliza vd Westhuizen & Nina Schumann live at Youngblood, Cape Town

Rosamund Eliza vd Westhuizen & Nina Schumann live at Youngblood, Cape Town

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z