Michel Camilo (ミシェル・カミロ)

ピアニスト ドミニカ (Dominica)

Michel Camilo (ミシェル・カミロ)。ドミニカの男性ピアニスト。1954年4月4日生まれ。

音楽一家に生まれた。幼い頃から両親が与えたアコーディオンに親しみ、その後、祖父母が持っていたピアノに最も興味を持ち、9歳になったとき、両親に「ピアノを買って」と頼んだが、両親はまず彼を国立音楽院の一部である初等音楽学校に通わせ、1年後にその願いを叶えた。16歳のときには、ドミニカ共和国の国立交響楽団で演奏していた。14歳半のときだった。ラジオで偉大なアート・テイタムが『Tea for Two』をソロ・ピアノで演奏しているのを聴き、ジャズに取り組むようになった。国立音楽院で13年間学んだ後、クラシックの能力を高める一方で、ビバップの伝統や、ハービー・ハンコック、キース・ジャレット、チック・コリア、アミルトン・ゴドイ(ジンボ・トリオのピアニスト)らのコンテンポラリー・ジャズにも大きな影響を受けた。同時期に、ホレス・シルバー、エロール・ガーナー、スコット・ジョプリンのラグタイムなどにも影響を受けた。1979年にニューヨークに渡り、マネス・カレッジとジュリアード・スクールで学んだ後、1983年にモントリオール・ジャズ・フェスティバルでティト・プエンテのピアニストがコンサートの代役として国際的な舞台に躍り出た。会場にいたキューバのリードマン、パキート・ドリベラに招かれ、4年間、リベラと一緒に国際的なツアーを行い、2枚のアルバムをレコーディングした。同年、パキート・デリベラのクインテットとヨーロッパ・ツアーを行い、日本のキング・レーベルでファースト・アルバム『Why Not』をリリースした。アルバム『Suntan/In Trio』では、ベースにアンソニー・ジャクソン、ドラムにデイヴ・ウェックルを迎えてトリオを組んだ。1988年、カミロは大手レコード会社であるソニーから『Michel Camilo』をリリースしてデビュー。このアルバムはベストセラーとなり、10週連続でジャズアルバムのトップを飾った他、アルバムはベストセラーとなり、グラミー賞やエミー賞をはじめとする数々の賞を受賞した。2000年に発表したフラメンコギタリスト、トマティート・スペインとのコラボレーションアルバムは、第1回ラテングラミー賞で最優秀ラテンジャズアルバムを受賞した。優れた演奏家であるだけでなく、作曲家としても才能があり、「Los Peores Anos de Nuestra Vida」や受賞作「Amo Tu Cama Rica」などのスペイン語映画の音楽を担当している。ヨーロッパ、アメリカ、そしてプエルトリコの音楽院で講義を行っています。また、本国ではクリストファー・コロンブス勲章の騎士、ドゥアルテ・サンチェス・メッラ勲章の銀十字章を授与されている。

"ミシェル・カミロ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ミシェル・カミロ"のおすすめYoutubeビデオ

Michel Camilo Mano a mano disco completo

Michel Camilo Mano a mano disco completo

Calle 54 - Michel Camilo -  Anthony Jackson - Horacio (El Negro) Hernandez

Calle 54 - Michel Camilo - Anthony Jackson - Horacio (El Negro) Hernandez

MICHEL CAMILO - TAKE FIVE

MICHEL CAMILO - TAKE FIVE

Michel Camilo - Caribe

Michel Camilo - Caribe

Michel Camilo LIVE! @ 35 Festival de Jazz Vitoria-Gasteiz 2011 (FULL)

Michel Camilo LIVE! @ 35 Festival de Jazz Vitoria-Gasteiz 2011 (FULL)

Michel Camilo Trio - Jazzwoche Burghausen 2008

Michel Camilo Trio - Jazzwoche Burghausen 2008

おすすめアーティスト

official

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z