Rosario Marciano (ロザリオ・マルシアーノ)

ピアニスト ベネズエラ (Venezuela)

Rosario Marciano (ロザリオ・マルシアーノ)。ベネズエラの女性ピアニスト。1944年7月5日生まれ。1998年9月4日没。

ベネズエラのカラカス生まれ。6歳の時にソロコンサートを開き、9歳でオーケストラと共演。ベネズエラでピアノを学んだあと、オーストリアにわたり、パウル・バドゥラ=スコダ、イェルク・デームス、アルフレッド・ブレンデル、ハンス・カンに師事。1964年のザルツブルクピアノコンクールで第1位を受賞。1970年代前半にシューベルトのピアノ作品を録音したが、録音ではフォルテピアノを使い、当時フォルテピアノの録音に世界に先駆けて取り組んだ1人として知られる。女性作曲家の作品で、録音があまりされていない作品の録音に数多く取り組んでおり、セシル・ルイーズ・ステファニー・シャミナード(フランス)、ジェルメーヌ・タイユフェール(フランス)、アガーテ・バッケル=グロンダール(ノルウェー)、エイミー・ビーチ(アメリカ)、テレサ・カレーニョ(ベネズエラ)、インゲボルグ・フォン・ブロンザルト(ドイツ)、プロイセン王女アンナ・アマリアの作品などの録音をリリースしている。ベネズエラの作曲家でピアニストのテレサ・カレーニョの伝記の執筆も手掛けた。1994年から1998年の間、ウィーン国立音楽大学でピアノの教授も務めた。

"ロザリオ・マルシアーノ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ロザリオ・マルシアーノ"のおすすめYoutubeビデオ

Rosario Marciano plays Piano Works by Women Composers

Rosario Marciano plays Piano Works by Women Composers

Schubert / Rosario Marciano, 1974: Kupelwieser Waltz in G Flat major

Schubert / Rosario Marciano, 1974: Kupelwieser Waltz in G Flat major

ROSARIO MARCIANO plays Chopin pt 1/3

ROSARIO MARCIANO plays Chopin pt 1/3

ROSARIO MARCIANO  plays Chopin pt 2/3

ROSARIO MARCIANO plays Chopin pt 2/3

Rosario Marciano plays Schubert Sonata in E minor D. 566 (Bösendorfer, 1828)

Rosario Marciano plays Schubert Sonata in E minor D. 566 (Bösendorfer, 1828)

Archivo sonoro "La historia del piano por Rosario Marciano"

Archivo sonoro "La historia del piano por Rosario Marciano"

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z