Vitaly Margulis (ヴィタリー・マルグリス)

ピアニスト ウクライナ (Ukraine)

Vitaly Margulis (ヴィタリー・マルグリス)。ウクライナの男性ピアニスト。1928年4月16日生まれ。2011年5月29日没。

旧ソ連のウクライナのハリコフに生まれ。父親からピアノを習い始める。レニングラード音楽院(現:サンクトペテルブルク音楽院)でサマリ・サヴァシンスキに師事。1958年から1974年までレニングラード音楽院で教鞭をとる。1974年にドイツへ移住し、1975年から1994年までフライブルク音楽院の教授職を務めた。1994年にアメリカのカリフォルニア大学でピアノ科の教授に就任。ヨーロッパ、アメリカ、ロシア、日本でピアノのマスタークラスを開催した。2010年には愛知県立芸術大学でリサイタル、公開レッスンを行った。で数多くの教え子を育て、教え子たちは著名なコンクールで優秀な成績を収めている。バッハ、ベートーヴェン、ショパン、シューマン、ラフマニノフ、スクリャービンの作品の録音をリリースしている。

"ヴィタリー・マルグリス"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ヴィタリー・マルグリス"のおすすめYoutubeビデオ

Vitaly Margulis plays Rachmaninoff's Polka de W.R.

Vitaly Margulis plays Rachmaninoff's Polka de W.R.

Vitaly Margulis plays Rachmaninoff Barcarolle Op.10 No.3

Vitaly Margulis plays Rachmaninoff Barcarolle Op.10 No.3

Vitaly Margulis Beethoven's Opus 111

Vitaly Margulis Beethoven's Opus 111

Vitaly Margulis plays Scriabin, Tchaikovsky, Rachmaninoff

Vitaly Margulis plays Scriabin, Tchaikovsky, Rachmaninoff

Vitaly Margulis plays Scriabin Piano Sonata no. 5, op. 53

Vitaly Margulis plays Scriabin Piano Sonata no. 5, op. 53

Margulis plays Chopin Etude Op.10 No.2

Margulis plays Chopin Etude Op.10 No.2

Vitaly Margulis plays Grieg's Homesickness

Vitaly Margulis plays Grieg's Homesickness

Vitaly Margulis plays Chopin's Nocturne in B minor Op. 9 No. 1

Vitaly Margulis plays Chopin's Nocturne in B minor Op. 9 No. 1

Vitaly Margulis plays Beethoven's Sonata No. 32 Opus 111

Vitaly Margulis plays Beethoven's Sonata No. 32 Opus 111

a story about Vitaly Margulis

a story about Vitaly Margulis

Vitaly Margulis plays Prokofiev's Sonata No. 9

Vitaly Margulis plays Prokofiev's Sonata No. 9

Vitaly Margulis plays 7 Chopin Etudes, op. 10 & op. 25

Vitaly Margulis plays 7 Chopin Etudes, op. 10 & op. 25

Vitaly Vitalij Margulis - Scriabin Piano Sonata No.3

Vitaly Vitalij Margulis - Scriabin Piano Sonata No.3

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z