Sergio Tiempo (セルジオ・ティエンポ)

ピアニスト ベネズエラ (Venezuela)

Sergio Tiempo (セルジオ・ティエンポ)。ベネズエラの男性ピアニスト。1972年2月24日生まれ。

ベネズエラのカラカスに生まれ。母親のリル・ティエンポから3歳になる前にピアノを習い始めた。4歳のときにアルゼンチンのテレビ番組に出演し、7歳のときにはロンドンとフランスでコンサートを開き、早くから高い評価を得た。1985年、ロッテルダムのドーレン・コンサートホールで、妹のカリン・レヒナーとモーツァルト、ビゼー、ミヨー、インファンテなどの曲を演奏した。このコンサートはライブ録音され、LPとCDで発売された。1986年には、オランダ出身のベルギー人ピアニストにちなんでアレックス・デ・フリース賞を受賞。同年、コンセルトヘボウでソロリサイタルを開催。同年、コンセルトヘボウでソロリサイタルを行い、録音はLPとCDでリリースされた。これまでにテッサ・ニコルソン、マリア・クルチオ 、ピエール・サンカン、ミシェル・ベロフ、ジャック・デティエージュ、アラン・ワイス、ネルソン・フレイレらに師事。また、コモ湖国際ピアノアカデミーに参加し、ディミトリ・バシュキーロフ、フー・ツォン、マレー・ペライア、ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウらと共演している。また、アルゼンチン出身のピアニスト、マルタ・アルゲリッチの指導を受け共演。1986年より、世界各地で定期的に演奏、録音を行っている。日本への頻繁な訪問、ヨーロッパの主要なコンサートホールでのリサイタル、北米の多くの都市での演奏などを行っている。また、音楽祭にも頻繁に参加しており、その中には毎年出演している「Progetto Martha Argerich」も含まれている。また、妹のカリン・レヒナーとも定期的に共演している。室内楽でのコラボレーションとしては、チェリストのミッシャ・マイスキーとの録音や演奏が挙げられる。クラシック音楽の録音もいくつか行っており、特にラヴェルの「夜のガスパール」やショパンの「ノクターン」の解釈が高く評価されている。

"セルジオ・ティエンポ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"セルジオ・ティエンポ"のおすすめYoutubeビデオ

Chopin 1 with Sergio Tiempo and  Myung-Whun Chung

Chopin 1 with Sergio Tiempo and Myung-Whun Chung

Youtube Teaches Sergio Tiempo

Youtube Teaches Sergio Tiempo

Sergio Tiempo - Liszt Mephisto Waltz

Sergio Tiempo - Liszt Mephisto Waltz

Duo Lechner Tiempo: Variations on a Theme by Paganini

Duo Lechner Tiempo: Variations on a Theme by Paganini

CulturM meets pianist, Sergio Tiempo

CulturM meets pianist, Sergio Tiempo

Sergio Tiempo at Wigmore Hall

Sergio Tiempo at Wigmore Hall

Sergio Tiempo interview 1 of 3

Sergio Tiempo interview 1 of 3

TV: Piano Duo: Karin Lechner & Sergio Tiempo invités par Alexandre Debrus dans La Clé de Fa.

TV: Piano Duo: Karin Lechner & Sergio Tiempo invités par Alexandre Debrus dans La Clé de Fa.

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z