Davide Franceschetti (ダヴィデ・フランチェスケッティ)

ピアニスト イタリア (Italy)

Davide Franceschetti (ダヴィデ・フランチェスケッティ)。イタリアの男性ピアニスト。1976年6月4日生まれ。

若くしてイモラの国際ピアノアカデミー「Incontri col Maestro」に入学し、ピエロ・ラッタリーノに師事した。キャリアの中で、1993年にボルツァーノのフェルッチョ・ブゾーニ国際ピアノコンクールで第4位、1994年にGPAダブリン国際ピアノコンクールで優勝、2000年にはサー・サイモン・ラトルが指揮をしたリーズ国際ピアノコンクールで銀メダルを獲得した。2001年、テキサス州フォートワースで開催された「ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール」で、審査員裁量賞とスティーブン・デ・グローテ記念賞(最優秀室内楽演奏賞)を受賞。イギリス、フィンランド、日本、中国、メキシコ、アメリカ)でコンサートを行い、その一部はBBCで放送された。ロンドンのウィグモア・ホール、ニューヨークのリンカーン・センターのアリス・タリー・ホール、ワシントンD.C.のケネディ・センターで演奏し、2003年にはベルリン・ドイツ交響楽団との共演で、ブラームスのピアノ協奏曲第2番を演奏して、ベルリン・フィルハーモニーでデビュー。室内楽では、ハインリヒ・シフ、イザベル・ファウスト、ルノー・カプソン、ジャン・ギアン・ケイラス、パオロ・キアヴァッチ、ドーラ・シュヴァルツベルクと共演している。2003年から2006年にかけて、イタリアの音楽学者、作曲家、学者であるカルロ・デ・インコントレーラの企画のもと、ベルリン芸術大学のホルスト・ビルの協力を得て、「Kandinsky at the Theatre」として、カンディンスキーが1928年に『展覧会の絵』のためにデザインした舞台装置を忠実に再現したプロジェクトに、ソリストとして参加。イモラの国際ピアノアカデミー「Incontri col Maestro」で教えるほか、日本、中国、セルビア、イタリアでマスタークラスを開催している。 スイスで開催されたクララ・ハスキル国際コンクールでは、エリート審査員として招待された(2007年、2009年)。チェゼーナの音楽院「B.Maderna」で教鞭をとっている。

"ダヴィデ・フランチェスケッティ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ダヴィデ・フランチェスケッティ"のおすすめYoutubeビデオ

Davide Franceschetti and Sir Simon Rattle Brahms Piano Concerto n.1 op.15 (fragment)

Davide Franceschetti and Sir Simon Rattle Brahms Piano Concerto n.1 op.15 (fragment)

Davide Franceschetti plays Tchaikovsky piano concerto n.1 op.23

Davide Franceschetti plays Tchaikovsky piano concerto n.1 op.23

Davide Franceschetti plays Beethoven Diabelli variations,Brahms,Liebermann,Prokofiev

Davide Franceschetti plays Beethoven Diabelli variations,Brahms,Liebermann,Prokofiev

Brahms Sonata op 108 n.3 Giulio Plotino violin Davide Franceschetti piano

Brahms Sonata op 108 n.3 Giulio Plotino violin Davide Franceschetti piano

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z