Carl Friedberg (カール・フリードベルク)

ピアニスト ドイツ (Germany)

Carl Friedberg (カール・フリードベルク)。ドイツの男性ピアニスト。1872年9月18日生まれ。1955年9月9日没。

ピアノの教育者として有名。ドイツ、フランクフルトのホーホ音楽院(Hoch Conservatory)でジェームス・クヴァスト、クララ・シューマンにピアノを師事。1893年から1904年の間、ホーホ音楽院で、1904年から1914年の間、ケルン音楽大学で、ピアノの教師を務める。1923年から引退する1946年まではジュリアード音楽院の前身であるニューヨーク音楽芸術学校で主席ピアノ教師を務めた。ヴァイオリニストのフリッツ・クライスラーと数多く共演したことで知られる。1937年にはヴァイオリニストのダニエル・カーピロウスキー、チェロ奏者のフェリックス・サモンドとピアノトリオを結成して活動した。レパートリーとしてはベートーヴェン、シューマン、ブラームスを得意としていた。録音を軽蔑していたことで知られていたが、1953年に81歳の時初めてレコードをリリースした。

"カール・フリードベルク"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"カール・フリードベルク"のおすすめYoutubeビデオ

Carl Friedberg plays Brahms' Second Piano Concerto

Carl Friedberg plays Brahms' Second Piano Concerto

Carl Friedberg (1872-1955): Brahms - Intermezzo in E flat op.117 no.1

Carl Friedberg (1872-1955): Brahms - Intermezzo in E flat op.117 no.1

Carl Friedberg (1872-1955): Schumann - Kinderszenen op.15 (nos 1-9)

Carl Friedberg (1872-1955): Schumann - Kinderszenen op.15 (nos 1-9)

Carl Friedberg (piano) plays Brahms, Friedberg, 1953.

Carl Friedberg (piano) plays Brahms, Friedberg, 1953.

Carl Friedberg (1872-1955): Schumann - Kinderszenen op.15 (nos 10-13)

Carl Friedberg (1872-1955): Schumann - Kinderszenen op.15 (nos 10-13)

Carl Friedberg (1872-1955): Schumann - Symphonic Etudes op.13 (Theme & Etudes 1-5) (1 of 3)

Carl Friedberg (1872-1955): Schumann - Symphonic Etudes op.13 (Theme & Etudes 1-5) (1 of 3)

Carl Friedberg (1872-1955): Brahms - Intermezzo in B flat op.76 no.4

Carl Friedberg (1872-1955): Brahms - Intermezzo in B flat op.76 no.4

Carl Friedberg plays Chopin Nocturne in A flat Op. 32 No. 2

Carl Friedberg plays Chopin Nocturne in A flat Op. 32 No. 2

Carl Friedberg (1872-1955): Brahms - Intermezzo in Ab op.76 no.3

Carl Friedberg (1872-1955): Brahms - Intermezzo in Ab op.76 no.3

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z