Pablo Zinger (パブロ・ジンガー)

ピアニスト ウルグアイ (Uruguay)

Pablo Zinger (パブロ・ジンガー)。ウルグアイの男性ピアニスト。1956年6月7日生まれ。

1976年からニューヨーク市在住。ピアニスト、作家、作曲家、編曲家、講師、ナレーターであり、アストル・ピアソラ、タンゴ、スペインのサルスエラ、ラテンアメリカ音楽を専門としている。マンハッタン音楽学校でゼノン・フィシュベイン(Zenon Fishbein)に師事し、音楽の学士号と修士号を取得。南北アメリカ、スペイン、ロシア、ポーランド、スロベニア、日本、韓国、南アフリカ、ドイツ、ノルウェーでオーケストラ、歌手、室内楽グループの指揮、演奏を行ってきた。1987年にアストル・ピアソラから、ウェスト・ベス・シアターセンターでの「タンゴ・アパシオナド」の初演の音楽監督を務めるよう依頼されている。2005年にパキート・ドリベラのカーネギーホール50周年記念コンサートの閉会での演奏、2006年にピアソラのマリア・デ・ブエノスアイレスのモスクワ初演、2008年に東京のオペラシティでピアソラの「Pueblo Joven」のナレーション、2009年には、ワシントンのコンスティテューションホールでプラシド・ドミンゴがタンゴを歌った際に演奏に参加するなど活躍している。これまでにコスタリカ国立交響楽団、シモン・ボリバル管弦楽団(ベネズエラ)、マリボル・フィルハーモニー管弦楽団(スロベニア)、モンテビデオ・フィルハーモニー管弦楽団、モンテビデオ・プロ・オペラ(ウルグアイ)などのオーケストラを指揮している。

"パブロ・ジンガー"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"パブロ・ジンガー"のおすすめYoutubeビデオ

ZINGER SEPTET: PIAZZOLLA'S LIBERTANGO

ZINGER SEPTET: PIAZZOLLA'S LIBERTANGO

#StayHome Arts Club / Pablo Zinger

#StayHome Arts Club / Pablo Zinger

ZINGER SEPTET: PIAZZOLLA'S "MILONGA DE LA ANUNCIACIÓN" from María de Buenos Aires

ZINGER SEPTET: PIAZZOLLA'S "MILONGA DE LA ANUNCIACIÓN" from María de Buenos Aires

Astor Piazzolla: Oblivion (arr. Zinger)

Astor Piazzolla: Oblivion (arr. Zinger)

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z