Jonathan Gilad (ジョナサン・ギラード)

ピアニスト フランス (France)

Jonathan Gilad (ジョナサン・ギラード)。フランスの男性ピアニスト。1981年2月17日生まれ。

マルセイユ生まれ。5歳でピアノを始める。マルセイユのリセ・ティエールでグランド・ゼコールに向けた科学的な授業を受けた後、入学試験では好成績を収めた。パリ国立高等鉱業学校のコンクールでは主席、パリ中央高等鉱業学校のコンクールでは2位、ポリテクニークでは学科で3位、高等師範学校では6位となり、最終的にエコール・ポリテクニーク(理工科学校)に入ることを選んだ。ピエール・プラディエのクラスであるマルセイユ音楽院に入学し、11歳で金メダルを獲得。1991年11月、パリ市主催のモーツァルト・コンクールで審査員特別賞を受賞、1992年4月、ジュネーブで開催された14歳以下の子供を対象とした国際コンクール「プレミオ・モーツァルト」で第1位を受賞した。同年、ザルツブルグのサマーアカデミー賞を受賞。その後、マドリッドとザルツブルクでドミトリー・バシキロフのもとで研鑽を積んだ。1996年10月、シカゴで、体調を崩したマウリツィオ・ポリーニに代わり、北米デビューを果たした。1998年4月、17歳の若さで、ダニエル・バレンボイム指揮シカゴ交響楽団とベルリン音楽祭でロベルト・シューマンのピアノ協奏曲を演奏。その後、ユーリ・テミルカーノフ指揮サンクトペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団のアメリカツアーにソリストとして参加し、ニューヨークのカーネギーホールでコンサートを行った。1998年11月、EMIクラシックスの「Debut」シリーズの一環として、モーツァルト、ベートーヴェンのソナタ、ブラームスのヘンデルの主題による変奏曲とフーガを収録したCDをリリースし、1999年のVictoires de la musique賞にノミネートされた。ラヴィニア、アスペン、ルール・クラヴィーア音楽祭、ルツェルン、ヴェルビエなどの音楽祭や、カーネギーホール(ニューヨーク)、ヘラクレスザール(ミュンヘン)、ウィグモアホール(ロンドン)、ベルリン・フィルハーモニー、ロイヤル・コンセルトヘボウ(アムステルダム)などで演奏している。また、シカゴ交響楽団、ボストン交響楽団、ボルチモア交響楽団、パリ管弦楽団、フランス国立管弦楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団、ロシア・ナショナル管弦楽団、カメラータ・ザルツブルク、フィレンツェ音楽院管弦楽団などのオーケストラと共演した。リカルド・カセロ・ガリゲス、ダニエル・バレンボイム、ネヴィル・マリナー、ズービン・メータ、大植英次、小澤征爾、ウラジーミル・スピヴァコフ、ユーリ・テミルカーノフ、サンドル・ヴェーグ、アラン・ロンバード、そしてトゥガン・ソヒエフら著名な指揮者と共演。また、ジュリア・フィッシャー、ミハエラ・マルティン、ニコライ・ズナイダー、ヴィヴィアン・ハーグナー、フラス・ヘルメルソン、ダニエル・ミュラー=ショット、ルノー、ゴーティエ・カプソンらのアーティストとともに室内楽のコンサートにも定期的に参加している。

"ジョナサン・ギラード"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ジョナサン・ギラード"のおすすめYoutubeビデオ

Sayaka Shoji and Jonathan Gilad play Mozart : Violin Sonata No.18 in G major, K.301/293a

Sayaka Shoji and Jonathan Gilad play Mozart : Violin Sonata No.18 in G major, K.301/293a

P04-2 Probe - Jonathan Gilad + Junge Deutsche Philharmonie

P04-2 Probe - Jonathan Gilad + Junge Deutsche Philharmonie

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z