Franziska Glemser (フランジスカ・グレムザー)

ピアニスト ドイツ (Germany)

Franziska Glemser (フランジスカ・グレムザー)。ドイツの女性ピアニスト。

ドイツのフランケン地方のオクゼンフルトで生まれ。音楽家の家系に生まれ、今日の音楽生活では珍しい多才な才能を持っている。ピアノのほかにヴァイオリンも習い、音楽活動をしている4人の兄弟と地元でピアノ四重奏団を結成した。また、声楽の教授である父のもとでソプラノを学んだ。ソリストとして活動するほか、2004年からはヴュルツブルク・ストリング・アンサンブルのコンサートマスターも務めている。12歳でビュルツブルク音楽大学の若き学生として受け入れられたが、最終的にピアノに決めたのは8年後、マルクス・ベルハイム教授のピアノクラスに受け入れられてからである。その後の2年間で、彼女はすでにJutting Foundation Stendalのコンクールで2回連続して優勝し、同財団の奨学金を獲得した。その後も、DeutschlandstipendiumやLions-Forderpreis 2012、YAMAHA Music Europeからの奨学金など、さまざまな賞を受賞している。また、2013年のスタインウェイ・コンクール(デュッセルドルフ)で第1位を獲得し、2015年の国際ピアノコンクール・エピナル(フランス)でエピナル市名誉勲章を受賞した。ワイマールのリスト音楽院でグリゴリー・グルズマン教授のマスタークラスでピアノの勉強を続けており、すでに音楽の学士号を取得している。コンサート活動では、リンツのブルックナーハウス、ボンのシューマンフェスト、チェコのフィルハーモニーフラデック・クラロヴェなどの有名な会場やフェスティバルに参加している。父アルノ・ライヒトのリサイタルに同行し、夫であるピアニストのフロリアン・グレムザーとピアノデュオを組んでいる。ジョニアン・イリアス・カデシャ'(ヴァイオリン)、フロリアン・シュミット・バルタ(チェロ)とは、ジュイヤール弦楽四重奏団とのピアノ・トリオで共演し、2011年にはフィッシャー・フラッハ室内楽コンクールで優勝している。フランツィスカは、ヘイミッシュ・ミルン、クラウス・ヘルヴィヒ、ドミトリー・バシキーロフなどのマスタークラスに積極的に参加している。ピアニストとして、バッハやモーツァルトからスクリャービンのまで幅広い分野の曲に興味を持っている。

"フランジスカ・グレムザー"のおすすめYoutubeビデオ

Mozart Sonate für zwei Klaviere D-Dur KV 448, Franziska Glemser und Florian Glemser

Mozart Sonate für zwei Klaviere D-Dur KV 448, Franziska Glemser und Florian Glemser

Franziska Glemser, G. Ligeti, Etüde Nr. 10 "Der Zauberlehrling"

Franziska Glemser, G. Ligeti, Etüde Nr. 10 "Der Zauberlehrling"

Franziska Glemser, Mozart Sonate F Dur KV 547 a 1. Allegro

Franziska Glemser, Mozart Sonate F Dur KV 547 a 1. Allegro

Franziska Glemser, Chopin Etüde Ges-Dur op. 10 Nr. 5 "black keys"

Franziska Glemser, Chopin Etüde Ges-Dur op. 10 Nr. 5 "black keys"

Franziska Glemser, Mozart Sonate F-Dur KV 547 a 2. Allegretto

Franziska Glemser, Mozart Sonate F-Dur KV 547 a 2. Allegretto

Franziska Glemser, Mozart Sonate F-Dur KV 547 a 3. Allegretto

Franziska Glemser, Mozart Sonate F-Dur KV 547 a 3. Allegretto

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z