Nicholas Angelich (ニコラ・アンゲリッシュ)

ピアニスト アメリカ (United States)

Nicholas Angelich (ニコラ・アンゲリッシュ)。アメリカの男性ピアニスト。1970年生まれ。

オハイオ州シンシナティに生まれ、5歳より母親にピアノを習い始める。7歳のとき、アメリカの室内管弦楽団とモーツァルトのピアノ協奏曲第21番K.467で初めてコンサートを行った。13歳でパリ国立高等音楽院に入学し、アルド・チッコリーニ、イヴォンヌ・ロリオド、ミシェル・ベロフ、マリー・フランソワーズ・ブッケらに師事した。1989年、オハイオ州クリーブランドで開催されたカサデウス国際ピアノコンクールで第2位、1994年にはジーナ・バッカウアー国際ピアノコンクールで第1位を獲得、ルール国際クラヴィーアフェスティヴァルでヤングタレント賞を受賞した。また、チョン・ミョンフン、デビッド・ロバートソンの指揮でフランスの主要オーケストラと共演している。2003年5月、クルト・マズア指揮ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団と共演してデビュー。2004年には、クルト・マズア指揮フランス国立管弦楽団と日本ツアーを行った。エラト・レコードに録音したルノー・カプソン、ゴーティエ・カプソンとのブラームスのトリオはシャルプラッテン賞を受賞した。 2009年から2010年のツアーでは、エリザベス女王ホール(ロンドン)、ペルゴラ劇場(フィレンツェ)、ミラノ音楽院、ハーグ、シャトレ劇場(パリ)でリサイタルを行った。ロイヤル・スコットランド・ナショナル・オーケストラの2010-2011シーズンのオープニングで、指揮者ステファヌ・ドゥネーヴのもと、ラヴェルの「左手のための協奏曲」を演奏した。2018年、再びドゥネーヴの下でフィラデルフィア管弦楽団と共演している。

"ニコラ・アンゲリッシュ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ニコラ・アンゲリッシュ"のおすすめYoutubeビデオ

Nicholas Angelich - Brahms - Piano Concerto No 1 - Järvi

Nicholas Angelich - Brahms - Piano Concerto No 1 - Järvi

Rachmaninov Piano Concerto No. 3 - Nicholas Angelich

Rachmaninov Piano Concerto No. 3 - Nicholas Angelich

Nicholas ANGELICH, Bach: Goldberg Variations (aria)

Nicholas ANGELICH, Bach: Goldberg Variations (aria)

Nicholas ANGELICH : BRAHMS, Concerto pour piano n°2, Klavierstücke op.76

Nicholas ANGELICH : BRAHMS, Concerto pour piano n°2, Klavierstücke op.76

Nicholas Angelich

Nicholas Angelich

Nicholas Angelich - Brahms Piano Concerto No 2

Nicholas Angelich - Brahms Piano Concerto No 2

Nicholas Angelich - Sergei Rachmaninov, Etudes Tableaux Op. 39 No. 3

Nicholas Angelich - Sergei Rachmaninov, Etudes Tableaux Op. 39 No. 3

Nicholas Angelich and Laurence Equilbey - Piano Concerto No. 4 - Beethoven

Nicholas Angelich and Laurence Equilbey - Piano Concerto No. 4 - Beethoven

Nicholas Angelich - Träumerei, SCHUMANN

Nicholas Angelich - Träumerei, SCHUMANN

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z