Pawel Kamasa (パヴェウ・カマサ)

ピアニスト ポーランド (Poland)

Pawel Kamasa (パヴェウ・カマサ)。ポーランドの男性ピアニスト。1963年3月17日生まれ。

ピアノをルドルフ・ブッフビンダー、ホルヘ・ボレ、ハリー・ダティナーの各氏に師事。1987年にキッシンジャー・ゾンマー音楽祭でドイツデビューして以来、パリのサル・ガヴォー、チューリッヒのトンハレ、ワルシャワ・フィルハーモニー、モスクワのチャイコフスキー音楽院など、ヨーロッパの主要都市でコンサートを行っている。ソリストとしては、ヤン・クレンツ、アイヴィン・ガルベリ・イェンセン、タデウシュ・ヴォイチェホフスキ、マレク・ピジャロフスキー、トマシュ・ブガイ、ヴィルフリート・ベッチャー、カロル・テューチなどの優れた指揮者と共演している。また、シャトーヌフ・デュ・パプ、ミュルーズ、サン・サヴァン、エビアン、ミュンヘン・ビエンナーレ、ザコパネ・シマノフスキ・フェスティバル、ワルシャワ・ショパン・フェスティバル、ジュネーヴ・ショパン・フェスティバル、アントニン・ショパン・フェスティバルなど、数多くの国際フェスティバルに招待されている。1994年、パリでカロル・シマノフスキのマズルカ全曲演奏を行った最初のピアニストとしても知られている。2015年には、ブラームスの「ピアノ独奏のための後期作品116-119」全曲に特化したCDセットをリリース。アマティ弦楽四重奏団、ウィラノフ弦楽四重奏団、シマノフスキ弦楽四重奏団など、ヨーロッパの著名なソリストやアンサンブルと共演している。2009年には国際ピアノフェスティバル「Chopin - Inspirations, 1810 - 2010」の芸術監督に就任。1997年から2000年にかけては、スイスのシャフハウゼン音楽院でピアノと室内楽のクラスを担当し、2012年から2013年にかけては、ポーランドのビドゴシュッツにあるフェリックス・ノヴィエジスキ音楽院でピアノ室内楽の客員教授を務めた。2017年からは、オーストリアのペルトシャッハで開催される「国際ヨハネス・ブラームス・ピアノ・コンクール」の審査員を務めている。新たな音楽表現を求めて、レクチャーリサイタル「マズルカ-ショパンからシマノフスキまで」をドイツ語、ポーランド語、英語でヨーロッパ各地や海外で演奏している。

"パヴェウ・カマサ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"パヴェウ・カマサ"のおすすめYoutubeビデオ

Kamasa plays Gładkowski Mulhouse 1995/1. Prelude-Kujawiak, Fugato una voce, Postlude-Jazzin'

Kamasa plays Gładkowski Mulhouse 1995/1. Prelude-Kujawiak, Fugato una voce, Postlude-Jazzin'

Brahms Trio op. 8, 1st mov..wmv

Brahms Trio op. 8, 1st mov..wmv

Hanna Kulenty – A Cradle Song

Hanna Kulenty – A Cradle Song

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z