Laurent Martin (ローレン・マーティン)

ピアニスト フランス (France)

Laurent Martin (ローレン・マーティン)。フランスの男性ピアニスト。1945年9月12日生まれ。

トロワのジュネーブ・ザイグ、パリ国立高等音楽院のジョセフ・ベンヴェヌーティ、ニースのゲルメイン・オーディベール、パリのピエール・サンカンにピアノを学んだ後、スペインとイタリアでの国際コンクールで名を馳せた。1977年にソリストと室内楽奏者としてのキャリアを開始した。1979年と1980年にエマニュエル・クリヴィンと共演。1989年から1992年にシャルル~ヴァランタン・アルカンに捧げられた4枚のCDを初録音した。あまり知られていないフランスのロマン派作曲家に注目して演奏し、数多くの世界初録音を行った。毎年サティ・カルテットとともにCDをリリースしている。アレクシス・ド・カスティヨンの五重奏曲の最初の録音は、Diapason Decouverteを受賞した。マーティンによって再認識された作曲家には、アルカン、ジョージ・オンスロー、メラニー・ボニス、アレクシス・ド・カスティヨン、ナポレオン・アンリ・レーバー、アレクサンドル・ピエール・フランソワ・ボエリー、アンドレ・カプレ、アルベリク・マニャール、チャールズ・マーティン・ロフラー、テオドール・デュボア、フェデリコ・モンポウ、フェルナンド・デラ・トンベルらがいる。女性作曲家に関する研究にも取り組み、フローレンス・ローネイを始め、メラニー・ボニス、クレマンス・ド・グランヴァル、ブランシュ・セルヴァ、ナディア、リリ・ブーランジェ、アルマンデ・ド・ポリニャックの作品の演奏も行った。 1978年には、オーヴェルニュのフォレ地方で、偉大なクラシック演奏家の忘れられた作品を演奏するコンサート・ド・ヴォロレも設立した。

"ローレン・マーティン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ローレン・マーティン"のおすすめYoutubeビデオ

Bach - Laurent Martin (2011) Concerto italien BWV 971

Bach - Laurent Martin (2011) Concerto italien BWV 971

Schumann - Laurent Martin (1994) Piano Sonata No.1, Op.11

Schumann - Laurent Martin (1994) Piano Sonata No.1, Op.11

Bach - Laurent Martin (2011) Various  transcriptions

Bach - Laurent Martin (2011) Various transcriptions

Chopin - Laurent Martin (2013) - Various Nocturnes, Valses, Préludes, Mazurkas

Chopin - Laurent Martin (2013) - Various Nocturnes, Valses, Préludes, Mazurkas

Blanche Selva - Laurent Martin (2012) Paysage au soleil couchant (1904)

Blanche Selva - Laurent Martin (2012) Paysage au soleil couchant (1904)

Blanche Selva - Laurent Martin (2012) Cloches dans la brume (cloches d'Ardèche) (1905)

Blanche Selva - Laurent Martin (2012) Cloches dans la brume (cloches d'Ardèche) (1905)

Bach - Laurent Martin (2011) Suite n°1 BWV 1007 (piano left hand version)

Bach - Laurent Martin (2011) Suite n°1 BWV 1007 (piano left hand version)

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z