Alexander Gurning (アレクサンダー・グルニング)

ピアニスト ベルギー (Belgium) ポーランド (Poland) インドネシア (Indonesia)

Alexander Gurning (アレクサンダー・グルニング)。ベルギーの男性ピアニスト。1973年生まれ。

ポーランド人とインドネシア人の両親のもとに生まれ、ブリュッセル王立音楽院で学んだ。卒業後、ロシアのピアニスト、エフゲニー・モギレフスキーのクラスで3年間アシスタントを務めた。その後、モスクワに移り、モスクワ音楽院でレフ・ナウモフとヴィクトル・メルジャノフに師事した。これまでに、ルガーノのプロゲット・マルタ・アルゲリッチ、ドイツのシュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭、フランスのピアノ国際フェスティバル・ドゥ・ラ・ロック・ダンテロン、日本の札幌音楽祭、ポルトガルのオビドス国際ピアノフェスティバル、アメリカのサラトガ室内楽フェスティバル、タングルウッド音楽祭、中国のヴェルビエ音楽祭などの音楽祭に出演している。また、ボストン交響楽団、フィラデルフィア管弦楽団、スイス・イタリアン・オーケストラ、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、ベルギー国立管弦楽団、ローザンヌ室内管弦楽団などと共演し、チョン・ミョンフン、シャルル・デュトワ、クリスチャン・ザカリアスなどの指揮者と共演している。最近では、バッハの「ゴールドベルグ変奏曲」を演奏してヨーロッパをツアーした。マルタ・アルゲリッチ・プレゼンツのシリーズで、ストラヴィンスキーとドビュッシーの作品を収録した初のソロアルバムをリリース。ルガーノ音楽祭のライブ録音を収録したEMIボックスで、多くのミュージシャンと頻繁に参加している。2008年にトリトンからリリースされたアルバム「チャイコフスキー/ショスタコーヴィチ」では、セバスチャン・シュレル(ヴァイオリン)、セバスチャン・ワルニエ(チェロ)とのタルウェグ・トリオのピアニストとして共演した。タンゴの伝統を再構築することを専門とするアンサンブル「ソレダッド」を創設するなど多岐に渡って活躍している。

"アレクサンダー・グルニング"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"アレクサンダー・グルニング"のおすすめYoutubeビデオ

Alexander Gurning Gulda prelude and fugue

Alexander Gurning Gulda prelude and fugue

Alexander Gurning on Bach's Goldberg Variations

Alexander Gurning on Bach's Goldberg Variations

Alexander Gurning plays Carlos Guastavino

Alexander Gurning plays Carlos Guastavino

Alexander Gurning solo in Cin Cin With Soledad Live MIDEM 2002

Alexander Gurning solo in Cin Cin With Soledad Live MIDEM 2002

Alexander Gurning Impro on Memoria e Fado

Alexander Gurning Impro on Memoria e Fado

Alexander Gurning Plays Prokofiev Sonata 7 "Precipitato"

Alexander Gurning Plays Prokofiev Sonata 7 "Precipitato"

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z