Carmen Daniela (カルメン・ダニエラ)

ピアニスト ルーマニア (Romania)

Carmen Daniela (カルメン・ダニエラ)。ルーマニアの女性ピアニスト。1951年10月15日生まれ。

ルーマニアのファガラシュ生まれ。オーストリアの市民権を持ち、ベルギッシュ・ランドに住んでいる。5歳でピアノを始めた。10歳で自作曲を書き、ブカレストの作曲家アルフレッド・メンデルゾーンの弟子となり、テレビ番組で紹介された。1968年、奨学金を得てウィーンに渡り、ピアノと作曲を学んだ。1975年までの2年間、ウィーン音楽院でピアノを教えた。クラウディオ・アラウ、イェルク・デムス、ポール・バドゥラ=スコダと交流し、ヴィオラ・テルン、ローランド・ラウペンストラウフ、ベルリン芸術大学でゲルハルト・プシェルト、ヘルムート・リーベンサムに師事した。1978年にピアニストのパベル・ギリロヴと結婚し、2001年に別れるまでは室内楽奏者としても活動していた。 音楽祭に客演し、1987年からノルトライン・ヴェストファーレン州で毎年開催されている「International Music Festival Weeks in Castles and Palaces」の芸術監督を務めた。ヨーロッパやアジアで国際的なマスタークラスを開催している。また、ハイドン生誕250年を記念して行われたハイドンのピアノ作品全曲演奏会にも参加し、2つのハイドン解釈講座の中で紹介された。1979年から1989年まで、カルメン・ダニエラはケルン大学でピアノの講師を務めた。また、1981年から2001年まで、ラインラント音楽アカデミー(最初はヴッパータール、その後デュッセルドルフのロベルト・シューマン・ホッホシューレ)で、ピアノのマスタークラスを教えていた。教え子にはRalf-Peter Brinkmann、Heinz Walter Florin、Matthias Hutter、Michael Kruckerなどがいる。ヨーゼフ・ハイドンのピアノ作品全集を録音している。

"カルメン・ダニエラ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"カルメン・ダニエラ"のおすすめYoutubeビデオ

Carmen Daniela spielt Robert Schumann

Carmen Daniela spielt Robert Schumann

Carmen Daniela spielt Clara Schumann 1/3

Carmen Daniela spielt Clara Schumann 1/3

Carmen Daniela spielt Robert Schumann 2/3

Carmen Daniela spielt Robert Schumann 2/3

Carmen Daniela spielt Clara Schumann 3/3

Carmen Daniela spielt Clara Schumann 3/3

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z