Lelia Gousseau (レリア・グソー)

ピアニスト フランス (France)

Lelia Gousseau (レリア・グソー)。フランスの女性ピアニスト。1909年2月11日生まれ。1997年2月14日没。

パリ生まれ。フランスの作曲家、エルネスト・ショーソン、ポール・デュカス、モーリス・オアナ、フランツ・シュミット、マルセル・ミハロヴィチ、アンリ・マルテッリらの作品の演奏で知られる。ピアニストの母とオルガン奏者の父のもとに生まれる。パリ国立高等音楽・舞踊学校でラザール・レヴィの下で学び優秀な成績を修めて卒業。1937年のショパン国際ピアノコンクールに出場。1952年にオーケストラデビュー。1961年から1978年の間、パリ国立高等音楽・舞踊学校、エコールノルマル音楽院でピアノを教えた。教え子には、マリア・デ・ラ・パウ・トルトゥリエ、アンヌ・ケフェレック、エミール・ナウモフらがいる。

"レリア・グソー"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"レリア・グソー"のおすすめYoutubeビデオ

Piano Concerto No. 5, Op. 73: II. Adagio un poco mosso

Piano Concerto No. 5, Op. 73: II. Adagio un poco mosso

4 Impromptus, Op. 142, D. 935: No. 4 in F Minor

4 Impromptus, Op. 142, D. 935: No. 4 in F Minor

Lelia Gousseau plays De Falla "Noches en los jardines de España"

Lelia Gousseau plays De Falla "Noches en los jardines de España"

Lélia Gousseau plays Liszt "La campanella"

Lélia Gousseau plays Liszt "La campanella"

Papillons, Op. 2

Papillons, Op. 2

Lélia Gousseau plays Dukas -- Variations, Interlude and Finale on a Theme by Rameau

Lélia Gousseau plays Dukas -- Variations, Interlude and Finale on a Theme by Rameau

Lélia Gousseau (1909-1997) joue Dukas, Schmitt, Roussel, Vierne et Aubert

Lélia Gousseau (1909-1997) joue Dukas, Schmitt, Roussel, Vierne et Aubert

Piano Concerto No. 5, Op. 73: III. Rondo: Allegro

Piano Concerto No. 5, Op. 73: III. Rondo: Allegro

Lélia Gousseau (1909-1997) joue Debussy et Roussel

Lélia Gousseau (1909-1997) joue Debussy et Roussel

RAVEL   PIANO CONCERTO FOR THE LEFT HAND Cadenza e finale   Lélia Gousseau 1970

RAVEL PIANO CONCERTO FOR THE LEFT HAND Cadenza e finale Lélia Gousseau 1970

Piano Concerto No. 5, Op. 73: I. Allegro

Piano Concerto No. 5, Op. 73: I. Allegro

Roussel Piano Concerto -- Lélia Gousseau/Orchestre Lamoureux/Sacher

Roussel Piano Concerto -- Lélia Gousseau/Orchestre Lamoureux/Sacher

Piano Concerto, Op. 36: I. Allegro molto

Piano Concerto, Op. 36: I. Allegro molto

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z