Gunilla Sussmann (グニッラ・シュッスマン )

ピアニスト ノルウェー (Norway)

Gunilla Sussmann (グニッラ・シュッスマン )。ノルウェーの女性ピアニスト。1977年6月22日生まれ。

2000年までは、ノルウェーの音楽学校でアイナル・ステーン=ノークルバーグに師事し、2003年にはハノーファー音楽大学でノークルバーグに師事して学位を取得した。ミュンヘンとダルムシュタットのハンス・ライグラーフ音楽院にも在籍していた。2000年初頭に最初のキャリアをスタートさせ、2004年にはベルゲン音楽祭でグリーグのア・モールコンサートを演奏し、多くの著名なピアニストと共演した。2005年11月10日には、アムステルダムのコンセルトヘボウでソロコンサートを行い、ウィグモアホール、クラフトヴェルク・ハインバッハ、ドルトムントのコンツェルトハウスなどでも演奏している。また、ノルウェーのプロのオーケストラ、イギリス室内管弦楽団やワイマール・シュターツカペレ、WDRケルン、ボーンマス交響楽団、ユタ交響楽団などのオーケストラと共演している。チェリストのターニャ・テツラフと共演し、チェロとピアノのための作品を収録したCDを3枚リリースしている。2002年にはHavard GimseとともにGeirr Tveittの作品の録音を行い、カンヌ・クラシック・アワードにノミネートされただけでなく、海外の新聞でも高い評価をうけ、グラモフォン誌では「Editor's Choice」に選ばれた。また、ソプラノ歌手のSolveig Kringlebotn(2007年)やAnn-Helen Moen(2009年)と共演している。2009年にはシベリウス、グリーグ、ラフマニノフの音楽を収録した「Malinconia」、2012年にはブラームスのチェロソナタを収録したCD、そして2018年にはOndineに収録されたラウタヴァーラのチェロとピアノのための全曲演奏のCDをリリースしいる。

"グニッラ・シュッスマン "のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"グニッラ・シュッスマン "のおすすめYoutubeビデオ

Robert Schumann: Kreisleriana, No. 2 Sehr innig und nicht zu rasch

Robert Schumann: Kreisleriana, No. 2 Sehr innig und nicht zu rasch

Sonata for Cello and Piano in G Minor, Op. 19: III. Andante

Sonata for Cello and Piano in G Minor, Op. 19: III. Andante

Geirr Tveitt: Variations on a Folksong from Hardanger, for orchestra & 2 pianos

Geirr Tveitt: Variations on a Folksong from Hardanger, for orchestra & 2 pianos

Variations and Fugue on a theme by Handel, Op. 24: I. Aria

Variations and Fugue on a theme by Handel, Op. 24: I. Aria

Album, Op. 12: Da Wo Der Fluss

Album, Op. 12: Da Wo Der Fluss

Sonata No. 3 in D Minor, Op. 108 "Symphonic": II. Adagio

Sonata No. 3 in D Minor, Op. 108 "Symphonic": II. Adagio

Sonata for Pianoforte and Cello No. 2 in F Major, Op. 99: I. Allegro vivace

Sonata for Pianoforte and Cello No. 2 in F Major, Op. 99: I. Allegro vivace

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z