David Korevaar (デイヴィッド・コレヴァー)

ピアニスト アメリカ (United States)

David Korevaar (デイヴィッド・コレヴァー)。アメリカの男性ピアニスト。1962年生まれ。

6歳のときにカリフォルニア州サンディエゴで、コロラド大学ボルダー校音楽学部の卒業生であり元教員でもあるシャーマン・ストアーにピアノを習い始めた。13歳のとき、アール・ワイルドに師事。20歳までにジュリアード音楽院で学士号と修士号を取得し、その後もアール・ワイルドに師事した。ジュリアード音楽院では、アビー・サイモンのもとで音楽芸術博士号を取得した。フランス人ピアニストのポール・ドギュロー(エゴン・ペトリの弟子であり、フォーレの弟子であるロジェ=デュカスにフォーレとドビュッシーの音楽を学び、作曲家にラヴェルの音楽を学んだ)にも師事した。ソロ活動では、ロチェスター・フィルハーモニー管弦楽団、コロラド交響楽団、ルイビル管弦楽団、日本の湘南室内管弦楽団、ブラジルのゴイアニア交響楽団と共演しているほか、ギジェルモ・フィゲロア、ペル・ブレヴィグ、スタニスワフ・スクロヴァチェフスキ、ホルヘ・メスターといった著名な指揮者との共演も果たしている。ジョン・ケージの「プリペアド・ピアノと室内オーケストラのための協奏曲」をポール・ズコフスキーの指揮で演奏した際には、ニューヨーク・タイムズ紙で演奏が賞賛された。ボルダー・ピアノ・カルテットの創設メンバーであり、現在はボルダーのアカデミーに滞在して、室内楽シリーズを企画している。タカチ・カルテットとは定期的に共演しており、最近ではニューヨークのリンカーン・センターで開催されたGreat Performers Seriesにも出演した。コレヴァーは、ニューヨーク・フィルハーモニック・アンサンブルズ、ヴァイオリニストのチャールズ・ウェザービー、アン・アキコ・マイヤーズ、ヴァディム・グルズマン、チーユン、ローズ・ハルミ、エドワード・ドゥシンベール、エミ・オヒ・レスニック、フィリップ・クイント、ヴァイオリニストのジェラルディン・ウォルター、マシュー・デーン、チェリストのデビッド・レクイロ、ピーター・ワイリック、フルーティストのアレクサ・スティル、クリスティーナ・ジェニングス、上海四重奏団、マンハッタン四重奏団、コロラド四重奏団など、錚々たるメンバーと演奏やレコーディングを行っている。プロメテウス・ピアノ・カルテットの創設メンバーであり、クラヴィア・トリオの長年のメンバーでもある。精力的に録音活動を行っており、イタリアの印象派作曲家ルイジ・ペラーキオのピアノ曲を世界初録音したディスクをリリースし、高い評価を得た。ヴァイオリニストのチャールズ・ウェザービーとの共演で、イラン系アメリカ人の作曲家レザ・ヴァリの作品を含む2枚の録音がMSRからリリースされたほか、ロシア/ドイツの作曲家パウル・ジュオンの3つのヴァイオリン・ソナタを収録したナクソスのディスクがリリースされた。ピアニストのアンジェリーナ・ガデリヤとリチャード・ダニエルプールの2台のピアノと3人の打楽器奏者のための『The Celestial Circus』を録音している。その他の最近のリリースとしては、ローウェル・リーバーマンのピアノ曲集の第3巻、魅力的なショパン・リサイタル、ハンガリー生まれでパリ在住の作曲家ティボール・ハルサーニとチャールズ・ウェザービーのヴァイオリンとピアノのための音楽の世界初録音などがある。「6つのパルティータ」、「ゴールドベルク変奏曲」、「平均律クラヴィーア曲集」などのバッハの録音でよく知られており、アメリカン・レコード・ガイド誌のクリティックス・チョイスにも選ばれている。ベートーヴェン、ブラームス、フォーレ、ラヴェルの音楽の録音に加え、ポール・ヒンデミットのソロおよび室内楽、エルンスト・フォン・ドホナニーのソロ・ピアノ曲、コロラド大学のリカルド・ビニェス・ピアノ音楽コレクションからのフランスの作曲家ルイ・オーベールとジャン・ロジェ=デュカスの作品などのCDを録音している。アメリカの作曲家ローウェル・リーバーマンとの長年の交流により、これまでにピアノソロ曲集3枚、フルーティストのアレクサ・スティルとのアルバム、クラリネット奏者のジョン・マナス、ボルダー・ピアノ・カルテットのメンバー、バリトンのパトリック・メイソンとの室内楽コンピレーションなど、5枚のレコーディングを行っている。2000年にコロラド大学の教授に就任。ラヴェルの「ミロワール」に関する博士論文でジュリアード音楽院のリチャード・フレンチ賞、メリーランド大学ウィリアム・カペル国際ピアノコンクールとピーボディ・メイソン財団の最優秀賞、ロバート・カサデウス国際コンクールのフランス音楽最優秀演奏賞などを受賞している。また、グループ「ヘキサゴン」のメンバーとしてヤング・コンサート・アーティスト賞を受賞している。コロラド大学ボルダー校で教鞭をとりながら、活発な演奏活動を両立させており、2016年には音楽大学で初めてとなる特別研究講師として大学から表彰された。デイヴィッド・ダイアモンドに作曲を学んでおり、ピアニストであるだけでなく、ピアノ独奏、室内アンサンブル、フルオーケストラまたは室内オーケストラのためのピアノ協奏曲などを作曲している。リストの交響詩「Festklange」と「Orpheus」のトランスクリプションを、Helicon Classicalからリリースされたコレヴァー自身のピアノ演奏による「Liszt's Orchestral Transcriptions for Solo Piano」で聴くことができる。これまでにレラ・アウアーバッハ、デビッド・カールソン、ロバート・ザビエル・ロドリゲス、ポール・ショーンフィールド、アーロン・ジェイ・カーニス、ジョージ・ロッシュバーグ、ジョージ・クラム、スティーブン・ジャッフェなどの作品を演奏・録音しており、ハリソン・バートウィッスルの「Harrison's Clocks」をニューヨークで初演している。また、コロラド大学の同僚であるマイケル・セオドア、マイク・バーネット、カーター・パンの作品や、意欲的な作曲家の作品を定期的に演奏している。

"デイヴィッド・コレヴァー"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"デイヴィッド・コレヴァー"のおすすめYoutubeビデオ

Faculty Tuesday: David Korevaar, Piano

Faculty Tuesday: David Korevaar, Piano

Schubert Impromptu in B-flat

Schubert Impromptu in B-flat

Beethoven Sonata in D major, op 28 mvt 1

Beethoven Sonata in D major, op 28 mvt 1

Mozart Piano Concerto No. 25, K 503. David Korevaar

Mozart Piano Concerto No. 25, K 503. David Korevaar

"Claire de Lune" David Korevaar

"Claire de Lune" David Korevaar

Faculty Tuesday: Harumi Rhodes, violin, and David Korevaar, piano

Faculty Tuesday: Harumi Rhodes, violin, and David Korevaar, piano

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z