Martin Helmchen (マーティン・ヘルムヘン)

ピアニスト ドイツ (Germany)

Martin Helmchen (マーティン・ヘルムヘン)。ドイツの男性ピアニスト。1982年生まれ。

ベルリン生まれ。6歳からピアノを始め、ハンス・アイスラー音楽大学ベルリンでガリーナ・イワンゾワに師事。2001年より、ハノーファー音楽演劇大学でアリエ・ヴァルディに師事。2001年にクララ・ハスキル国際ピアノコンクールで優勝。2003年にドイツで毎年夏開催されているKissinger Klavierolymp(キッシンジャー・ピノオリンピック)で優勝。2005年から2007年の間BBDの新世代アーティストに選出された。2006年にはヴァレリー・ゲルギエフ式のウィーンフィルとシューマンのピアノ協奏曲を演奏。同年、エコー賞を受賞。これまでにサンフランシスコ交響楽団、ウィーンフィル管弦楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、NHK交響楽団と共演。2007年にモーツァルトのピアノ協奏曲を収めたアルバムをリリース。2011年にタングルウッドでボストン交響楽団と共演してアメリカデビュー。日本にもたびたび来日しており、2004年に新日本フィルハーモニー交響楽団と共演、2005年、2008年、2011年にNHK交響楽団と共演しコンサートは大成功を収めた。ヴァイオリニストのユリア・フィッシャーとはレコーディング、コンサートの両方で数多く共演している。録音では、2009年にユリア・フィッシャーと共演したシューベルトのヴァイオリンとピアノ作品の全曲録音のアルバムが名高く、エコー。クラシック賞を受賞している。

"マーティン・ヘルムヘン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"マーティン・ヘルムヘン"のおすすめYoutubeビデオ

Martin Helmchen I Partita Nr. 6 e-Moll, BWV 830, aus: Gigue I Bach

Martin Helmchen I Partita Nr. 6 e-Moll, BWV 830, aus: Gigue I Bach

Martin Helmchen - Abegg Variations - Schumann

Martin Helmchen - Abegg Variations - Schumann

Shostakovich Piano Concerto No.2 (II) Martin Helmchen, Vladimir Jurowski, LPO

Shostakovich Piano Concerto No.2 (II) Martin Helmchen, Vladimir Jurowski, LPO

Beethoven - Concerto pour piano n°3 - Martin Helmchen / Christoph von Dohnányi (répétition)

Beethoven - Concerto pour piano n°3 - Martin Helmchen / Christoph von Dohnányi (répétition)

Martin Helmchen spricht  über Mozarts Klavierkonzert Nr. 17

Martin Helmchen spricht über Mozarts Klavierkonzert Nr. 17

BRAHMS // Cello Sonata No. 1 in E Minor, Op. 38: I. Allegro non troppo // Hecker & Helmchen

BRAHMS // Cello Sonata No. 1 in E Minor, Op. 38: I. Allegro non troppo // Hecker & Helmchen

Schubert Sonate A-Dur D959 2. Satz Andantino

Schubert Sonate A-Dur D959 2. Satz Andantino

おすすめアーティスト

youtube

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z