Maria Prinz (マリア・プリンツ)

ピアニスト ドイツ (Germany)

Maria Prinz (マリア・プリンツ)。ドイツの女性ピアニスト。

ソリスト、リサイタル、室内楽奏者として幅広く活躍。ブルガリアのソフィアで音楽一家に生まれた。父親はブルガリアの有名な指揮者・作曲家であるコンスタンチン・イリエフ。ベルリンのハンズ・アイスラー大学でルドルフ・ダンケルに、ウィーンでイェルク・デームスに、パリでイヴォンヌ・ルフェビュールに師事。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ザルツブルク音楽祭でのサー・ネヴィル・マリナー、小澤征爾、リッカルド・ムーティといった著名な指揮者との共演など、ヨーロッパの主要オーケストラとの共演を重ねている。リサイタルでは、アメリカ、オーストリア、イタリア、ドイツ、スイス、日本、ベルギー、ブルガリアでコンサートを行い、モーツァルト生誕250周年を記念してウィーン、ソフィア、プラハ、ブルーミントン、ロサンゼルスで「モーツァルトとその同時代」と題した一連のリサイタルを開催した。また、ザルツブルク音楽祭、札幌のパシフィック・ミュージック・フェスティバルをはじめ、ウィーンのムジークフェラインとコンツェルトハウス、カーネギーホールのワイル・リサイタル・ホール、クイーン・エリザベス・ホールのパーセル・ルーム、バービカン・センターのミルトン・コート、東京文化会館など、世界各地の主要な会場やフェスティバルで演奏している。室内楽では、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバー、アンドリュー・マリナー、パトリック・ガロワ、フィリップ・ピエルロなどの国際的なアーティスト、ルドヴィック・テジエ、クラシミラ・ストヤノヴァ、マティアス・ゲルネなどの世界的に有名な歌手と数多く共演しています。 ソフィア交響楽団とのハイドンとモーツァルトのピアノ協奏曲、クラリネット奏者のアルフレッド・プリンツとのブラームスのソナタ、サー・ネヴィル・マリナー指揮サンクト・マーティン・イン・ザ・フィールド・アカデミーとの「The 20th Century Concerto Grosso」、フルーティストのパトリック・ガロワとのモーツァルトのヴァイオリン・ソナタとベートーヴェンの変奏曲、クラシミラ・ストヤノヴァとのプッチーニ全曲、マルガリータ・グリツコヴァとの「ロシアの歌」をナクソスで録音している。2020年5月と10月には、ナクソスから「プロコヴィエフとショスタコーヴィチの歌とロマンス」をリリース。1987年よりウィーン音楽大学で教鞭をとっている。

"マリア・プリンツ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"マリア・プリンツ"のおすすめYoutubeビデオ

Schulhoff - Concerto Doppio for flute & piano (Maria Prinz / Sir Neville Marriner)

Schulhoff - Concerto Doppio for flute & piano (Maria Prinz / Sir Neville Marriner)

Fantasiestück op. 73/1 (Robert Schumann) Lila Scharang, Maria Prinz

Fantasiestück op. 73/1 (Robert Schumann) Lila Scharang, Maria Prinz

ÖKFI Konzert Maria Prinz am 14.05.2012 (3).wmv

ÖKFI Konzert Maria Prinz am 14.05.2012 (3).wmv

LONDON ART - Maria Prinz, Patrick Gallois - Culture TV Show

LONDON ART - Maria Prinz, Patrick Gallois - Culture TV Show

Maria Prinz and Patrick Gallois ID

Maria Prinz and Patrick Gallois ID

ÖKFI Konzert Maria Prinz am 14.05.2012.wmv

ÖKFI Konzert Maria Prinz am 14.05.2012.wmv

ÖKFI Konzert Maria Prinz am 14.05.2012 (2).wmv

ÖKFI Konzert Maria Prinz am 14.05.2012 (2).wmv

おすすめアーティスト

ピアニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z