Mischa Elman (ミッシャ・エルマン)

ヴァイオリニスト ロシア (Russia)

Mischa Elman (ミッシャ・エルマン)。ロシアの男性ヴァイオリニスト。1891年1月20日生まれ。1967年4月5日没。

当時のロシア帝国支配下のキエフのウマンスキー・ウエズド(Umansky Uyezd)のタルン生まれ。幼いころから絶対音感を身に付けていた。音楽家でもあった父は、音楽家の地位が低かったことから、エルマンを音楽家にすることをためらったといわれる。程なくしてヴァイオリンを始め、オデッサに移り、ロシア帝国音楽アカデミーでヴァイオリンの研鑽を積んだ。サラサーテはエルマンが偉大なヴァイオリニストになると予見していた。11歳の時、レオポルド・アウアーの前でヴィエニャフスキのヴァイオリン協奏曲、パガニーニのカプリースの第24番を演奏して才能を認められ、サンクトペテルブルク音楽院に入学した。1903年から富裕層のパトロンの下で演奏を始め、1904年にベルリン、1905年にロンドンデビューを果たし一躍有名になった。イギリスでグラズノフのヴァイオリン協奏曲を初演した。さらに1908年にはカーネギー・ホールでデビューし、大成功を収めた。1917年には、米国の音楽愛好者団体「ファイ・ミュー・アルファ・シンフォニア友愛会(Phi Mu Alpha Sinfonia)」の名誉会員に選出された。録音も数多く行っており、バッハ、ベートーヴェン、メンデルスゾーン、チャイコフスキー、ヴィエニャフスキのヴァイオリン協奏曲、サラサーテのツィゴイネルワイゼン、シューマン、クライスラー、ヴィヴァルディ、スメタナ、ドヴォルザークの作品の録音が残されている。

"ミッシャ・エルマン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ミッシャ・エルマン"のおすすめYoutubeビデオ

Mischa Elman, Dvorak-Kreisler, "Slavonic Fantasy", 1954

Mischa Elman, Dvorak-Kreisler, "Slavonic Fantasy", 1954

Mischa Elman plays Mendelssohn's Violin Concerto

Mischa Elman plays Mendelssohn's Violin Concerto

mischa elman plays zigeunerweisen

mischa elman plays zigeunerweisen

Mischa Elman plays Kreisler (vaimusic.com)

Mischa Elman plays Kreisler (vaimusic.com)

Mischa Elman plays Massenet Meditation From 'Thais'

Mischa Elman plays Massenet Meditation From 'Thais'

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z