Josef Suk (ヨゼフ・スーク)

ヴァイオリニスト チェコ (Czech Republic)

Josef Suk (ヨゼフ・スーク)。チェコの男性ヴァイオリニスト。1929年8月8日生まれ。2011年7月6日没。

作曲家・ヴァイオリニストのヨゼフ・スーク(1874~1935)の孫、作曲家アントニン・ドヴォルザークの曾孫としてプラハで生まれた。ヤロスラフ・コチアンから、7歳のときから個人的にヴァイオリンを師事した。1945年に高校を卒業すると、プラハ音楽院に入学し、ヤロスラフ・コチアン、ノルベルト・クバート、カレル・シュネベルグなどの教師に師事した。1949年にはパリとブリュッセルに派遣され、チェコの若い世代のヴァイオリニストを代表して活躍した。プラハ音楽院を出た後、プラハの舞台芸術アカデミー(AMU)で4期、マリー・フルーニヴァー、アレクサンドル・プロチェクの両教授に師事したが、学業を終える前に、当時、軍事的・政治的な学校であったAMUに抗議したため停学になった。コシツェの軍部に配属されるという処分を受けた。陸軍の芸術家中隊に入って、そこで2年間の兵役期間をヴァイオリンを弾いて過ごした。1950年から1952年まではプラハ・カルテットのプリマリウス、1953年から1955年まではプラハ国立劇場のドラマチック・オーケストラのコンサート・マスター、1957年まではアーミー・アーティスト・カンパニーのソリストとして活躍。1954年11月6日のプラハでリサイタルを開催し成功を収めた。1958年にはドイツ、オランダ、ルーマニアに加え、フランス、ベルギーでも演奏した。1961年には、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のソリストに任命され、多くのツアーやリサイタルに参加した。また、世界の一流オーケストラ、指揮者、解釈者と協力し、数多くのレコーディングを行った。ドビュッシーとヤナーチェクのソナタ、ヤン・パネンカとミロシュ・サードロとのドヴォルザークのドゥムキー・トリオ、リボル・フラヴァチェク指揮プラハ室内管弦楽団とのモーツァルトのヴァイオリン・コンサート全集、ベルクのコンチェルト、マルティヌーのコンチェルトなどの録音で、グランプリ・デュ・ディスクを受賞。ヴィオリストとしても活躍し、モーツァルトのシンフォニア・コンチェルタンテをヴァイオリンとヴィオラの両方のパートを演奏して録音している。ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ指揮のチェコ・フィルハーモニー管弦楽団とは、ベルリオーズの「イタリアのハロルド」を録音した。 バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンの世界最高の解釈者の一人と称された。ヴォルザークのヴァイオリン協奏曲の録音は、彼の模範的な演奏として名高い。1979年から1986年までウィーンの音楽大学で教鞭をとった。ソロ活動の傍ら、室内楽にも力を入れていた。学生時代(1950~52年)にはプラハ・カルテットのプリマリウスを務め、1951年には友人のイリ・フビチカ(ピアノ)、サシャ・ヴェチュトモフ(チェロ)、後にヤン・パネンカ(ピアノ、その後ヨゼフ・ハーラに交代)、ヨゼフ・フッフロ(チェロ)とともに、祖父OlfU7gJHの名を冠したスーク・トリオを結成した。スーク・トリオは国内外で多くのコンサートを行い、多くの曲を録音した。後にピアニストとなったヤン・パネンカとは、ベートーヴェンのソナタ全集を録音し、ショスタコーヴィチのヴィオラ・ソナタを最初に録音した。ヴァイオリニストとしては、スメタナ四重奏団に第2ヴァイオリンとして参加している。また、チェンバロ奏者のズザナ・ルジッチとのパートナーシップも注目すべきものでした。ピアニストのZuzana Ruzickova(ズザナ・ルージチコヴァー)とは、長年にわたり多くのコンサートの中で、バッハやヘンデルのソナタなどの録音を行った。また、ルージチコヴァーの夫であるヴィクトル・カラビスからもソナタを献呈されている。ブラームスのトリオやソナタを録音で、ユリウス・カッチェンやヤーノシュ・シュタルケルと協力している。1974年には、祖父ヨセフ・スークの生誕100年を記念して、スーク室内管弦楽団を設立した。2000年までリーダー兼指揮者として活躍した。功労芸術家、1977年からは国民芸術家の称号を授与された。2002年にはレジオン・ドヌール勲章を授与された。

"ヨゼフ・スーク"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ヨゼフ・スーク"のおすすめYoutubeビデオ

Beethoven: Romance F major. Josef Suk

Beethoven: Romance F major. Josef Suk

Josef Suk - Serenade in E flat Major op. 6 - The Young Danish Chamber Orchestra

Josef Suk - Serenade in E flat Major op. 6 - The Young Danish Chamber Orchestra

Josef Suk - Asrael Symphony [National Orchestra of Belgium - Walter Weller]

Josef Suk - Asrael Symphony [National Orchestra of Belgium - Walter Weller]

Josef Suk Serenade in E flat major for Strings Op.6 (Complete) for Addi

Josef Suk Serenade in E flat major for Strings Op.6 (Complete) for Addi

Josef Suk - Serenade for Strings Op. 6 (1892)

Josef Suk - Serenade for Strings Op. 6 (1892)

Josef Suk: Symphony No. 1 in E major, Op. 14 (1898)

Josef Suk: Symphony No. 1 in E major, Op. 14 (1898)

Josef Suk Piano Quartet op.1, 1st movement / Suk, Pěruška, Fukačová, Panenka

Josef Suk Piano Quartet op.1, 1st movement / Suk, Pěruška, Fukačová, Panenka

Dvorak: Violin Concerto 1. Josef Suk

Dvorak: Violin Concerto 1. Josef Suk

Josef Suk : Scherzo Fantastico op. 25

Josef Suk : Scherzo Fantastico op. 25

Suk: Fantasie g-moll (1/3) Josef Suk

Suk: Fantasie g-moll (1/3) Josef Suk

Vitali: Chaconne. Josef Suk

Vitali: Chaconne. Josef Suk

コメント

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z