Ragnhild Hemsing (ラグンヒル・ヘムシング)

ヴァイオリニスト ノルウェー (Norway)

Ragnhild Hemsing (ラグンヒル・ヘムシング)。ノルウェーの女性ヴァイオリニスト。1988年2月15日生まれ。

ノルウェー・ヴァルドレス生まれ。クラシック・ヴァイオリニストのエルビョルグ・ヘムシング(Eldbjorg Hemsing)の姉。5歳でヴァイオリンを始め、9歳でオスロのBarratt Due Institute of Musicに入学。14歳でベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団とメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を共演してデビュー。トロンハイム交響楽団とも共演、翌年にはオスロ・フィルハーモニー管弦楽団と共演した。また、デンマーク国立放送交響楽団、ウクライナ国立フィルハーモニー管弦楽団、ロシアのカザン国立管弦楽団などと共演。オスロ・フィルハーモニー管弦楽団、ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団、スタバンガー交響楽団など、ノルウェーの主要オーケストラと共演している。2003年のコチアン国際ヴァイオリンコンクール(チェコ)で第1位および欧州連合賞、欧州音楽賞青少年部門第1位および特別賞、2005年にスパーレ・オルセン・プリゼン、Sparre Olsen-prisen賞を受賞。ベルゲン国際音楽祭、オスロ室内楽フェスティバル、ハーディントンタール音楽祭、フォールデ国際世界音楽祭など、ノルウェー国内のコンサートホールに出演し、民族音楽のプログラムとクラシックのレパートリーを組み合わせて演奏した。リサイタルでは、トロムソのオーロラ、スタバンガー、トロンヘイム、ハルスタッド国際室内楽フェスティバル、ウィグモアホール、スイスのヴェルビエ・フェスティバル、ベレリーヴ・フェスティバル、ドイツのアルペンクラシークなどに出演している。2011年には、レイフ・オヴェ・アンスネス、ティーネ・シング・ヘルセスとともに、チェルトナム音楽祭に出演。ノーベル平和賞コンサートにも出演。妹のエルビョルグ・ヘムシングとともに、ノルウェーの著名なヴァイオリニスト、オーレ・ブルの生涯を描いた60分のドキュメンタリーを収録し、EBU特別賞を受賞。2013年には、ボンで毎年開催されるベートーヴェン・フェスティバルで、ベートーヴェン・リングを授与された。使用楽器は、デクストラ・ムジカ財団から貸与された1694年にクレモナで製作されたフランチェスコ・ルッジェリ。

"ラグンヒル・ヘムシング"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ラグンヒル・ヘムシング"のおすすめYoutubeビデオ

Ragnhild Hemsing plays YR by Lasse Thoresen

Ragnhild Hemsing plays YR by Lasse Thoresen

RAGNHILD HEMSING - Nobel Peace Prize 2010

RAGNHILD HEMSING - Nobel Peace Prize 2010

Ragnhild Hemsing plays the Hardanger fiddle - "Valdresguten" - Halling dance.

Ragnhild Hemsing plays the Hardanger fiddle - "Valdresguten" - Halling dance.

おすすめアーティスト

vimeo

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z