Marianne Thorsen (マリアンヌ・ソーセン)

ヴァイオリニスト ノルウェー (Norway)

Marianne Thorsen (マリアンヌ・ソーセン)。ノルウェーの女性ヴァイオリニスト。1972年3月13日生まれ。

2006年、トロンハイムにあるノルウェー科学技術大学音楽学部のヴァイオリン科教授に就任した。ソリストとして、フィルハーモニア管弦楽団、BBC交響楽団、バーミンガム市交響楽団、スイス・ロマンド管弦楽団、ノルウェーのすべてのオーケストラ、スカンジナビアの多くの主要オーケストラと共演している。トロンハイム・ソロイスツとは定期的に共演しており、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番、第4番、第5番を録音して好評を博し、ノルウェーのシュペルマン賞を受賞した。また、トロンヘイム交響楽団と録音したストーレ・クライバーグのヴァイオリン協奏曲は、2010年にアメリカのグラミー賞にノミネートされた。さらにオスロ・フィルハーモニー管弦楽団/ワシリー・シナイスキーと共演したケティル・フヴォスレフのヴァイオリン協奏曲の世界初演を行い、ノルウェーの国営テレビで生中継された。2011年から2014年にかけて、ソリストとしてネーメ・ヤルヴィ指揮のベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団と共演し、シュペールマン賞にノミネートされたスヴェンセンのヴァイオリン協奏曲を含む、ハルヴォルセンとスヴェンセンの音楽を収録した5枚のCDをリリースした。室内楽にも熱心で、オスロ、ベルゲン、トロンヘイム、スタバンゲルなどのノルウェーの音楽祭、ロンドンのBBCプロムス、イギリスのエディンバラ、バース、チェルトナムなどの音楽祭で、レイフ・オヴェ・アンスネス、マルク・アンドレ・ハメリン、トゥルルス・モルク、ポール・ルイス、パスカル・ロジェ、ラース・アンダース・トムター、ホーヴァル・ギムセなどの著名なアーティストと共演している。2000年から2015年まで国際的に有名なナッシュ・アンサンブル・オブ・ロンドンのリーダーを務め、1991年から2006年まではレオポルド・ストリング・トリオの創設メンバーとして、ヨーロッパ、オーストラリア、アメリカで大規模なツアーを行い、ロンドンのハイペリオン・レコードに数多くのレコーディングを行った。2009年から2013年まで、夫のアラスデア・ストレンジ(芸術コンサルタント)とともに、ノルウェーのローロスで開催されたフェスティバル「Vinterfestspill i Bergstaden」の芸術監督を務めた。

"マリアンヌ・ソーセン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"マリアンヌ・ソーセン"のおすすめYoutubeビデオ

MAGICAL: Mozart Violin Concerto No.4 K218 (Allegro) - Marianne Thorsen (HD)

MAGICAL: Mozart Violin Concerto No.4 K218 (Allegro) - Marianne Thorsen (HD)

Brahms with Nash Ensemble

Brahms with Nash Ensemble

Marianne Thorsen: Hvoslef Violin Concerto Finale / Oslo Philharmonic, Sinaisky

Marianne Thorsen: Hvoslef Violin Concerto Finale / Oslo Philharmonic, Sinaisky

Marianne Thorsen   Mozart Sonata in B flat Major KV 378

Marianne Thorsen Mozart Sonata in B flat Major KV 378

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z