Ittai Shapira (イッタイ・シャピラ)

ヴァイオリニスト イスラエル (Israel) アメリカ (United States)

Ittai Shapira (イッタイ・シャピラ)。イスラエルの男性ヴァイオリニスト。

イスラエル系アメリカ人のヴァイオリニスト、作曲家、キュレーター。Sound Potential, incの創設者兼芸術監督、Weill Cornell Music and Medicine Programの芸術コンサルタントを務め、ヴァイオリニストのハガイ・シャハムとともにIlona Feher Foundation創設した。ニューヨーク州ロチェスターに生まれ、イスラエルで育った。最初にリマ・カミンコフスキーに師事し、後に著名な教育学者であるイローナ・フェヘルに師事した。その後、ジュリアード音楽院でドロシー・デレイ、ロバート・マン、田中直子に師事した。BBCコンサート・オーケストラ、サー・ネヴィル・マリナー指揮ベオグラード・フィル、ケープタウン・フィル、リボル・ペシェック指揮チェコ国立交響楽団、ヨエル・レヴィ指揮デトロイト交響楽団、バービカン・センターでユーリ・バシュメット指揮イギリス室内管弦楽団と共演した他、イギリス国立交響楽団と共演したこともある。イスラエル室内管弦楽団、イスラエル・ヴィルトゥオージ(イツァーク・パールマン指揮アリス・タリーホール)、フィルハーモニア、ポーランド室内管弦楽団、ロチェスター・フィル、ロイヤル・フィル、トーマス・サンダーリング指揮ロシア・フィル、ブダペスト、ハリスバーグ、エルサレム、オマハ、上海の交響楽団の各オーケストラと共演している。2003年、カーネギーホールで聖ルカ・オーケストラと共演し、同郷のシュラミット・ランが彼のために作曲したヴァイオリン協奏曲を世界初演した。この協奏曲のライブ録音は、ダニエル・バレンボイムとシカゴ交響楽団が演奏したランの作品集に収録されている。オウルシンフォニアとのフィンランド・スウェーデンツアー、キーウエスト交響楽団とのシャピラのヴァイオリン協奏曲コンチェルト・ラティーノツアー、ナイツとの「老人と海」などの公演を行った。また、自作曲のソリストとして、オーストリア、ブラジル、米国のオーケストラとツアーを続けている。ソロ・ヴァイオリンのための協奏曲『Concierto Latino』を作曲し、2011年にクシシュトフ・チョーツェルスキの指揮でロンドン・セレナータにより録音された。その後、7曲の協奏曲を作曲した。アーネスト・ヘミングウェイの短編小説に着想を得たヴァイオリン協奏曲『老人と海』は、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニックとともに2012年にシャンヒル・レコードからリリースされた。2つのヴァイオリンのための《マジャール》は、同僚のハガイ・シャハムに献呈され、2014年にオーストリアで献呈者のハガイ・シャハムとロバート・ボコール指揮アルペジオーネ管弦楽団と演奏・録音された。これまでにChamps Hill Records、EMI、Meridian RecordsmSanctuary Classics、Quartz、Sony/BMGなどのレーベルから録音をリリースしている。シャピラの演奏は、ダニエル・パールを描いた映画『ジャーナリストとジハード』とブルック・シールズとの子供向けプロジェクト『The Runaway Bunny』のサウンドトラックで紹介されている。アブネル・ドーマンやデイヴ・ヒースなどの作曲家により、14曲の協奏曲が彼に献呈されており、最近の作品では、セオドア・ウィプルードによる『カトリーナ・バイオリン協奏曲』がある。クレアモント賞を受賞し、モロイ大学やワイルコーネル音楽と医学プログラムのクラシック・アドバイザーを務めるほか、ケンブリッジ大学(英国)、マウントサイナイ大学、ニューヨーク大学で音楽と脳に関するコンサート・レクチャーを行ったこともある。また、国連財団とChabbadが共催するOne to One Global Forumにおいて、音楽の持つ癒しの可能性についてコンサートレクチャーを行っている。ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージックで最初のアフィリエイトに選ばれている。ソリスト、作曲家、キュレーターとしての革新的なプロジェクトが評価され、ヴィクター・ハーバート財団賞を受賞している。

"イッタイ・シャピラ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"イッタイ・シャピラ"のおすすめYoutubeビデオ

Ittai Shapira plays in honor of the NICU at Golisano Children's Hospital

Ittai Shapira plays in honor of the NICU at Golisano Children's Hospital

Ittai Shapira plays Ittai Shapira: Benny Goodman Caprice for Violin Solo

Ittai Shapira plays Ittai Shapira: Benny Goodman Caprice for Violin Solo

Ittai Shapira

Ittai Shapira

Ittai Shapira: Concierto Latino 3rd Movement Excerpt- PARTY!

Ittai Shapira: Concierto Latino 3rd Movement Excerpt- PARTY!

Ittai Shapira plays Ittai Shapira:   Celtic Caprice

Ittai Shapira plays Ittai Shapira: Celtic Caprice

"The Ethics" Mvt 2: "A Waltz with Fate", short clip: Ittai Shapira

"The Ethics" Mvt 2: "A Waltz with Fate", short clip: Ittai Shapira

Ittai Shapira plays Ittai Shapira:  "Concierto Latino"- Cadenza

Ittai Shapira plays Ittai Shapira: "Concierto Latino"- Cadenza

Ittai Shapira interview

Ittai Shapira interview

コメント

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z